【人気上昇中】WPIプロテイン「F&W」はどんな会社?成分と評価

【人気上昇中】WPIプロテイン「F&W」はどんな会社?成分と評価-00

「プロテインパウダー」にも色々ありますが、安心・安全の「国内製造」で人気上昇中の株式会社ディファレントさんの「F&W WPI(ホエイプロテイン アイソレート)プレーン」のご紹介です。

プロテインの価格高騰の理由

普段からプロテインを利用している人はお気づきだと思いますが、現在プロテインパウダーの価格が高騰しています。

それは国内だけのことではなく世界的な話です。

の理由は「中国による爆買い」だそうです↓↓↓

参考:成長プロテイン市場 「値上げ」の裏に中国の”爆買い”

豚に与えることで豚肉の質が良くなるという理由のようです。

そのおかげで、世界的にプロテインパウダーの需要が間に合わず価格が高騰しているという状況です。

少々の値上げなら良いのですが、なんと「約2倍」になってしまてるんですよね↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「プロテイン」を検索
参考:楽天市場で「プロテイン」を検索
参考:iHerbで「プロテイン」を検索

日本最安だったエクスプロージョンさんや↓↓↓

世界最安だったiHerbプライベートブランドのプロテインも↓↓↓

約2倍に値上がりしています。

それならソイプロテインに切り替える?

そこで、一部の人は同じタンパク質が摂れる「ソイ(大豆)プロテイン」に切り替えた人もいるでしょう↓↓↓

しかし、同じタンパク質でもホエイ(牛)とソイ(大豆)とでは目的も効果も異なります。

また、栄養面や吸収率、体への負担(アレルゲン)や一日の最大摂取量などにおいても「代わり」にはならないんですね↓↓↓

「ホエイ=筋トレ」「ソイ=美容」という使い分けになります。

それであれば「肉や卵由来のプロテイン」を含む「ALL MAX ミールプレップ」の方がオススメなんですよね↓↓↓

ただ、それだと価格的にはあまり変わらないので結果として「今の価格でホエイを買う」となります。

個人的には、朝にALL MAX ミールプレップを摂るのはオススメです。

まぁ「マッチョになるほどプロテインを摂らない」らしいので、これを機会にタンパク質は「食事で摂る」ように意識していきたいですね。

せっかくなので、これを機会に国内のプロテインを見直してみるのもいいでしょう。

F&W(エフアンドダブリュー)について

F&W(エフアンドダブリュー) は、静岡県にある株式会社ディファレントさんのブランドです。

株式会社ディファンレントさんは、2005年設立にアミノ酸事業、資源リサイクル事業、化学分析事業を行う企業です。

市販のトレーニングサプリ(BCAA)の価格やスペックに不満を感じていて、それなら自ら高品質・低価格の商品を作ろうと立ち上がったそうです。

株式会社ディファンレントさんはOEM事業も行っているので、そのノウハウを詰め込んだ商品が高い評価を受けています↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「F&W」を検索
参考:楽天市場で「F&W」を検索

F&W ホエイプロテイン

【人気上昇中】WPIプロテイン「F&W」はどんな会社?成分と評価-01

F&W(エフアンドダブリュー)ホエイプロテインには以下の種類があります(2022.8.23現在)↓↓↓

  • WPI プレーン
  • WPI メロン風味
  • WPI バナナ風味
  • WPC プレーン
  • WPC バナナ風味
  • WPC チョコレート風味
  • WPC メロン風味

「WPI(ホエイプロテイン アイソレート)」とは、牛乳でお腹がゴロゴロする原因である「乳糖」を処理したホエイプロテインです。

今回はWPI プレーンをチョイスしました。

F&W(エフアンドダブリュー)WPI プレーンは、安心・安全の国内製造です。

日本国内の向上で製造されています。

ただ、原料(牛乳)はアメリカです↓↓↓

【人気上昇中】WPIプロテイン「F&W」はどんな会社?成分と評価-02

それは、いたって普通のことなので気にはならないです。

F&W(エフアンドダブリュー)WPI プレーンが選ばれる理由は「コスパ」です。

WPIでタンパク質含有量が「95%」もあります↓↓↓

【人気上昇中】WPIプロテイン「F&W」はどんな会社?成分と評価-03

例えば、同じ国内WPIだとエクスプロージョンさんだと↓↓↓

タンパク質含有量は「85%」です。

マイプロのWPIノーフレーバーで「92%」で、iHerbノーフレーバーで「87%」です。

そして、この価格高騰で3kgあたり各メーカーが1万円~1万5千円くらいするなかでF&W(エフアンドダブリュー)は1万円を切っています。

日本一の安さだったエクスプロージョンさんのWPIピーチ味で15,000円なので日本一の安さになっています。

ただ、Amazon.co.jpや楽天市場でこの価格では購入できないので注意です。

F&W ホエイプロテインの使用方法

【人気上昇中】WPIプロテイン「F&W」はどんな会社?成分と評価-04

プロテインというかタンパク質の1日の摂取目安は、体重1kgに対してx2~x3gと言われています。

体重が60kgであれば、1日あたり120~180gのタンパク質を摂るようにします。

ただ、x3gはさすがに大変なので「体を大きくしたい人」が心がけます。

1日120gだと、1食当たり40gを目安で摂取することになります。

ただ、1回の食事でタンパク質を40g摂るのも大変なんですね。

卵1個で6gなので、1食当た卵を6個以上という計算になります。

それを3食、毎日続けるわけです。

さすがにそれは大変だということでプロテインパウダーが活躍します。

僕の場合、1食当たりのタンパク質量は20g以上を心がけて、食事と食事の間にプロテインで20g摂るようにしています。

あるいは、タンパク質が摂取できる間食などですね。

気をつけるのは「プロテインパウダーでタンパク質を摂る」のではなく「足りない量をプロテインパウダーで補う」という意識を持つことです。

タンパク質は体に大事ですが、ホエイ(牛乳)は体にリスクがあるので多用は避けたいです。

ちなみに、プロテインは悪玉菌のエサにもなるので注意が必要です。

筋トレにおいてのプロテインのタイミング

昔は「筋トレ終了後~30分以内がゴールデンタイム」言われていました。

研究が進んだ今では「筋トレ開始1時間前くらい」とされています。

プロテイン摂取から60~70分後で、アミノ酸血中濃度が最高になるからという理由ですね。

さらに、そこから3時間(合計4時間)でアミノ酸血中濃度が尽きてしまうので尽きる前にさらにプロテインを飲みます。

筋トレ1時間前、トレーニング1時間してトレーニング1時間後(計3時間後)に摂るという感じですね。

アミノ酸血中濃度が下がると筋肉の分解が進むので、常にアミノ酸血中濃度を高くキープすると効率よく筋肉を育てることができます。

EAAやBCAAを上手く利用してみるといいでしょう。

ホエイプロテイン3kgがちょうど入る容器

【人気上昇中】WPIプロテイン「F&W」はどんな会社?成分と評価-05

ホエイは牛乳なので冷蔵庫で管理します。

袋のままだと入りにくく、取り出しも不便なので保存容器に移します。

僕はこの容器を使っています↓↓↓

ただ、今回は製法が違うのかプレーンだからか本当に「ギリギリ」でした。

上からしっかり押さえつけてようやく入ったので、もう少し大きめが良いかもしれませんね↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「スマートロックジャンボケース」を検索
参考:楽天市場で「スマートロックジャンボケース」を検索

ただ、大き過ぎると冷蔵庫に入らないので注意です。

実際に試してみた感想(1ヶ月)

【人気上昇中】WPIプロテイン「F&W」はどんな会社?成分と評価-06

F&W(エフアンドダブリュー)WPI プレーンは、水で溶くと「牛乳」そのままの味です。

牛乳の味が苦手という人は味つきを選びましょう。

特に、飲みにくさなどは感じません。

粉も溶けやすく便利だと思います。

今回のを飲み終えたら違うフレーバーを試してみたいですね。

良いと思います。

どこで買えるの?

F&W(エフアンドダブリュー)WPI プレーンは、3kgで定価8,200円です。(2022.8.23現在)

それに配送料がかかりますが、地域によって送料は異なります。

Amazon.co.jpまたは楽天市場で見つからない場合は公式サイトで購入できます↓↓↓

参考:F&W公式サイト
参考:Amazon.co.jpで「F&W」を検索
参考:楽天市場で「F&W」を検索

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

この記事を書いた人