【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-00

「筋トレ」を自宅で行う「宅トレ」、スポーツジムで行う「ジムトレ」、そして「パーソナルトレーニングジム」の違いと効果のご紹介。

先日のSAWAKI GYM(早稲田・高田馬場)さんの体験レポートと合わせて参考にしてみてください。

「宅トレ」のメリット・デメリット

「宅トレ」とは、自宅で行うトレーニングのことです。

通販などで購入したトレーニング機材で、自力で頑張ってトレーニングします↓↓↓

【筋トレ】バーベルにもなるダンベルWolfyok純鋼製アレー商品レビュー-02
【筋トレ】バーベルにもなるダンベルWolfyok純鋼製アレー商品レビュー
【筋トレ】胸筋・腹筋にオススメのトレーニングベンチの選び方-02
【筋トレ】胸筋・腹筋にオススメのトレーニングベンチの選び方

宅トレの場合、自分の都合で、自分のやりたいことが、自分がやりたいだけ出来きます。

自由度が高い反面、適当になってしまう、続かなくなることが多くなります。

それどころか、間違ったフォームで続けてしまい効率を悪くしたり、変な筋肉をつける可能性があります。

また、余計な買い物をしたりと「知識不足」が大きく影響します。

最近では色々な機材が通販で購入できますが、費用がかさむ、場所を取るなどの問題があります。

筋トレは奥深いものなので、半端な知識ほど遠回りをすること学びました。

宅トレを頑張るなら、それなりの勉強が必要になります。

「ジムトレ」のメリット・デメリット

スポーツジムにも色々ありますが、大抵の場合は「そこにある機材を自己判断(目的・重量)で使う」ようになります。

トレーナーさんが何人か常駐していますが、マシンの基本的な使い方や軽いアドバイス程度のサポートになります。

ジムトレは「家に置けない重量、宅トレではできない運動を行う場所」という解釈がわかりやすいかなと。

スポーツジムには大きい機材がありますので、宅トレよりも効率よく高重量でトレーニングできます。

年会費・使用料のなどの費用面、通う時間や時間の制限、周囲の人目が気になる・周りへの配慮など必要になります。

利用者が多い時間帯などは、やりたい種目がやれないということもあります。

宅トレではできない(難しい)運動もあるので、さらに自分を磨きたいのであればジムトレも必要でしょう。

「パーソナルトレーニング」のメリット・デメリット

パーソナルトレーニングは、その人(個人)に合わせたプログラムを1対1で指導してくれます。

ジムによって施設規模が異なり、取り扱う機材の種類や大きさ、ウエイトの上限が異なります。

また、運動がメインのパーソナルもあれば、食事まで管理指導してくれるパーソナルまで様々です。

基本は「お客さんの希望に沿っての内容」になるので、「優しく」を希望すれば優しい内容に「厳しく」を希望すれば厳しくなります。

優しい指導を希望すれば「始めやすい」「続けやすい」ですが、その分「結果が出にくい」となります。

基本的にパーソナルトレーニングのトレーナーさんは優しい人が殆どなので、ついつい甘えてしまう人が多いようです。

パーソナルを受けるなら、「キツ目を優しく」でお願いするのがベストかなと。

パーソナルは1対1ですから、周りも気にならず運動に集中ができます。

一つ一つの運動をしっかりと丁寧に、効果的に教えてもらえるので一人でトレーニングするより何倍も効率がよくなります。

トレーナーさんと場所を独り占めするわけですから、それなりの費用がかかります。

費用はかかりますが効果がかなり高いので、短期間で結果を出したいならパーソナルがオススメです。

それぞれにかかる費用

宅トレの場合は、ダンベル等好きな機材を必要な分だけ購入します。

例えば、僕の場合は↓↓↓

  • ダンベル2kgx2、4kgx2、6kgx2、8kgx2、可変式片手15kgx2
  • ケトルベル4kgx2、12kg
  • トレーニングベンチ、他

・・・と、諸々で5〜6万円くらい(今のところ)です。

筋トレは初心者なのでこの程度ですが、もっと本格的にやるとなると倍以上はかかるでしょう。

使い放題なのでジムに通うより断然安上がりでが、ウエイトの上限に行くたびに買い足しが必要になります。

ジムトレの場合にかかる費用は↓↓↓

  • 入会費
  • 年会費or月額

・・・ジムによって費用形態が様々ですが、相場的には月額16,000〜17,000円+入会費くらいのようです。

入会費無料キャンペーンを行ってるジムは多いので、そのチャンスで契約するのが良いでしょう。

パーソナルトレーニングジムの場合も同じく、入会費と年会費or月額です。

費用の相場は、週2回の2ヶ月コースで入会費を合わせて20〜30万円くらいとジムに通う10倍くらいの価格になります。

費用を抑えて短期間で効果を出したいなら…

短期間で効果を出したいならパーソナルトレーニングが1番ですが、やはりネックなのが「費用」でしょう。

かと言って、通常のスポーツジムでひたすら頑張っていても遠回りをして余計費用がかかるということもあります。

そこでオススメなのが、「月1パーソナル」です。

パーソナルトレーニングジムの中に、入会費無しで単発(1回単位)でパーソナルトレーニングを受けられるところがあります。

月一で、「家でできること」もしくは「スポーツジムでできること」をレクチャーしてもらいます。

パーソナルの良いところは、自分がどういう体になりたいか、どうなるのが良いのかでメニューを組んでもらえるところです。

例えば、「1日1時間くらいで」という希望に合わせ家にある機材、ジムによくある機材などでメニューを考えてくれます。

自分の体で筋肉が足りない部位から、使うマシーンのアドバイスや、家でもできることも柔軟に教えてもらえます。

「この運動は家で、この運動はジムでやりましょう」など、その人に合わせて考えてくれます。

それを1ヶ月自力で頑張って、月1パーソナルで「フォームの確認」「疑問や質問の解決」「追加メニュー」などを行います。

パーソナルの単発の相場は60分12,000〜15,000円なのですが、かなり濃厚な時間になると思います。

今回ご紹介のSAWAKI GYMさんは、単発60分10,000円です↓↓↓

参考:SAWAKI GYMパーソナルトレーニングサイト

半年ぶりのパーソナルトレーニング

と言うわけで、先日SAWAKI GYMさんで受けてきたパーソナルトレーニングのレポートです。

「月1」と言いながら、実は半年ぶりのパーソナルなんですね。

それには理由がありまして…

半年前に筋トレを始めるにあたり「独学でどこまで出来るのか」を知りたかったんですね。

いろんな疑問や不明なことが沢山出てくるのはわかっていたのですが、それも全て自分で解決してみたかったんです。

自分で解決した方がより吸収できるし、素人だからこその発見があるかなと考えました。

パーソナルトレーニグは、ゲームの攻略本みたいな存在なので一度甘えるとずっと甘えてしまうかなと。

そんなこんなを半年間頑張って、ある程度の結果が出たので見てもらおうと行ってきました。

基本メニューのおさらいから

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-01

まずは、フォームローラーでのストレッチ(筋膜リリース)から↓↓↓

これはずっと前に教えてもらっていたことなので、半年間も毎回やっていました。

パーソナル開始前にアンケートがあるので、そこで半年間やってたことや上手く出来なかったこと伝えます。

その内容から、基本のメニューも少し変更されていきます。

家でのフォームローラーの使いかたを伝え、プラスで効果的な運動を教えてくれます。

疑問「ウォームアップがよくわからない」

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-02

この半年間、ずっとよくわからなかった「ウォームアップ」の疑問解消。

僕の場合、ウォームアップはウエイトではなくチューブを使った方が良いみたいです↓↓↓

下半身はあまりやってなかったので、下半身を使ってのウォームアップは効果的です。

今回は「肩と背中」が希望なので、それ以外の場所を使ってのウォームアップというのも良さそうですね。

疑問「肩が弱い、肩を大きくしたい」

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-03

提案されたのが「アーノルドプレス」。

ダンベルを前に構え、ねじりながら頭の上に上げる運動です。

この運動では、肩の前側と中央に特に効果があります。

高重量が難しい運動なので、肩が弱い僕にはちょうど良いようです。

やや軽めの重量で、回数を多めに行います。

詳しい解説動画↓↓↓

すかさず、サポートを入れてのサイドレイズ↓↓↓

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-04

高重量が持てないので、トレーナーさんが程よい負荷を調整してくれます。

通常はダンベルで行いますが、筋肉がない場合は後半がダラけてしまうので人力での負荷調節が良いようです。

予想上に背中は育っていたようだ

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-05

背中に有効な「TRX」を使ったトレーニング「ローロウ」。

背中をまっすぐ、腕を直角に伸ばした状態からグッと引き寄せる運動。

腕の力で引き寄せるのではなく、背中の力で引き寄せます。

地面に対する角度で難易度がかわるのですが、これが思いのほか出来たので高難易度でのトライ。

偽TRXがうちにあるので、早速取り入れようと思います。

やはりフォームが間違っていました

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-06

他にも色々見てもらって色々間違っていたのですが、一番頑張ってた種目も間違っていたのがショックでした。

「ワンハンドローイング」。

そもそも「広背筋」に聞かせる種目なのですが、変なフォームでやり続けていたので腕の方にも効いてしまっていたようです。

一応、どちらも筋肉がついてボリュームアップしていたのですが悔しいなと。

手と足の位置、持ち手をどこまで下ろすか、どこに向かって上げるかなと調整。

姿勢は良かったようです。

大好きなViPRトレーニングもしておく

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-07

こちら、筋力アップというより機能性アップなのでちょっと違いますが、好きな運動なので復習がてら。

ここで注目なのが、肩周り(胸回り)の変化↓↓↓

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-08

左が2018年の写真ですが、半年前がほぼこの体型でした。

そこから半年で肩周りがデカくなってますね。

これは嬉しい。

そして、この写真で持ってるViPRがどっちも6kgなのですが、倍の12kgViPRでもしっかり振れたのが嬉しいかったです。

成長の実感ですね。

月1パーソナルの方が濃いのではないか

そんなこんなしてると、気づけば1時間が経っていました。

上記メニューを淡々とこなすだけでも十分なボリュームがありますが、一つ一つを理解しながら「今後の宅トレ(ジムトレ)に生かしていく」なら十ニ分以上の内容になります。

独学でやろうと半年間頑張ってきたのですが、やはり月1パーソナルを受けていたほうが「間違い」に早く気づけたんですよね。

疑問が解決していくと、モチベーションもさらに上がるのもパーソナルの魅力です。

月1では物足りないのであれば月2〜3と、もっと頑張りたくなれば入会するのも良いでしょう。

SAWAKI GYMの情報

SAWAKI GYM(サワキジム)は、早稲田と高田馬場の2箇所に店舗があります。

店舗の場所、料金などはWEBサイトをご覧ください↓↓↓

参考:SAWAKI GYMパーソナルトレーニングサイト

ご予約の際か、トレーニングの際に「さちおのブログを見た」と言ってもらえると嬉しいです。

おまけ

最後に、今回ご指導いただいた八須トレーナーと↓↓↓

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-09

SAWAKI GYMオーナーの澤木さんと記念写真↓↓↓

【筋トレ】宅トレ・ジムトレ・パーソナルトレーニングの違いと効果-10

本日もお世話になりました。

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*