【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用

【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用-00

筋トレやダイエットでスポーツジムで使う「スポーツマスク」ですが、人気の「ナルーマスク」の模倣品「TIGHTEND A4X クールマスク」を買ってみたのでレポートです。

本家との違いを参考にしてみてください。

ナルーマスクとは?

NAROO(ナルー)は、2002年に設立されたスポーツマスク専門ブランドです。

スポーツマスクにも色々ありますが、「スポーツマスク専門」のブランドというのは珍しいでしょう。

僕がナルーマスクを知ったのは今回のコロナ騒動がきっかけですが、バイカーや登山家の間では超有名なブランドです。

ナルーマスクの特徴は、チューブタイプの形状で顔にピッタリと張り付き「口の前に空間を作らない」ことです。

自分が吐いた二酸化炭素を吸わないので、より呼吸がしやすく体への負担も少ないです。

ナルーマスクをつけて運動をすると、もう一般的なマスクに戻れなくなるでしょう↓↓↓

【筋トレ】呼吸が息苦しくない冷感夏用「ナルーマスクF1S」口コミ-00
【筋トレ】呼吸が息苦しくない冷感夏用「ナルーマスクF1S」口コミ

しかし、いかんせん価格が高いというのがネックです。

上記の新デザインの場合、1枚4,500円します。

使ってみればその価値はよくわかるのですが、「試しに買ってみる」には難しい金額かなと。

それなら、通販で安く買える模倣品で使用感を知ってみるのもいいでしょう。

韓国版・偽ナルーマスク(1,400円)

【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用-01

そして、今回購入したのが「TIGHTEND A4X クールマスク」です。

メイドイン韓国ですが「TIGHTEND」が検索にヒットしないので韓国ブランドなのかは不明です。

パッケージも含め、よく本家に怒られないなと↓↓↓

【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用-09

特徴は、本家とほぼほぼ同じで↓↓↓

【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用-02

前面と背面で2パターンの使い方ができます。

「呼吸」重視か「フィルター」重視かという使い分けですね。

フィルターは、本家はPM2.5対応ですがこちらは記載無し。

「ほこりや不純物」という書き方になってますね。

生地は思ったより厚めで、柔らかい印象です。

思ったより「安っぽさ」は無いです。

色は「ネイビー」を購入しました。

他に、「グリーン」「ブラック」「グレー」「ホワイト」があります。

定価が1,980円で、30%オフで購入できました。

偽ナルーマスクを着用してみた感想

【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用-03

着用感はほぼほぼ本家に近いですが、若干ゆるい印象です。

本家にも何種類かあるので、もしかしたら別のシリーズに近いのかもしれません。

本家もそうですが、チューブタイプだと顎まわりがシャープに見えるのがいいですね↓↓↓

【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用-04

何気に構造もしっかりしてるので、下部もうまくフィットしてていいです↓↓↓

【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用-05

TIGHTEND A4X クールマスクは、ノーズワイヤーが入っていないので鼻の横に隙間ができます↓↓↓

【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用-06

本家はワイヤー入りですが、フィット感が強めなので鼻に跡が付いてしまうんですね。

その点は、こちらの方がいいかもしれません。

呼吸重視面だと鼻や口が透けて見えます↓↓↓

【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用-07

だから呼吸がしやすいというのがあるのですが、飛沫も通り抜けるのでお喋りするときは反対面を使います。

実際に着用して筋トレしてみた感想

【偽ナルーマスク】韓国TIGHTEND A4Xスポーツマスクはおすすめ?夏用-08

まず、生地が思ったより厚くクールでは無いので夏には「やや」厳しいかなと。

と言うのも、本家の爽快さを知っているので比べると「暑い」と思ってしまいます。

本家はサイドがスケスケ生地なのでひんやりします。

ここが価格の違いかなと。

そして、呼吸重視面でも本家より呼吸がしづらいですね。

一般的なマスクと比べると断然呼吸しやすいのですが、本家と比べると・・・という感じです。

本家の場合、商品名の「F1S」の「1」が生地の厚さを表します。

「1」が薄く「9」が厚いです。

そこも真似しているのであれば、TIGHTEND A4X クールマスクの厚さは「4」くらいなのかなと。

本家だと4あたり(本家だと5)は「オールシーズン」に設定されています。

「1」を体験すると夏は1以外は無理だと感じますが、4しか知らなければ4でも続けられるのかなと。

僕は無理なので、TIGHTEND A4X クールマスクは秋以降かなと。

結局のことろ「おすすめ」なのか?

本家「F1S」の良さを知っているとTIGHTEND A4X クールマスクはイマイチだと感じてしまいます。

個人的には断然「ナルーマスクF1S」をおすすめしますが、4500円は高すぎるというなら同じ形の「N1S」があります。

「N1S」は定価が2,980円です。

それでも高いと言うならTIGHTEND A4X クールマスクでしょう。

模倣品ならではの色々なリスクは伴いますが、質にこだわらないなら十分かなと。

どこで買えるの?

TIGHTEND A4X クールマスクは楽天市場でのみ購入できます↓↓↓

参考:楽天市場で「TIGHTEND A4X クールマスク」を検索

ナルーマスクはAmazon.co.jpと楽天市場で購入できます↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「NAROO MASK」を検索
参考:楽天市場で「NAROO MASK」を検索

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*