【amazonランキング1位】Soomloomストレッチ腹筋ローラーのやり方

【amazonランキング1位】Soomloomストレッチ腹筋ローラーのやり方-00

筋トレグッズにも色々ありますが、転がすだけで全身が鍛えられるAmazonランキング1位の「Soomloomストレッチ腹筋ローラー」のご紹介。

人気の理由と「正しい使い方」も合わせて参考にしてみてください。

筋トレグッズの王道「腹筋ローラー」

自宅で出来る筋トレグッズと言えば、「ダンベル」か「腹筋ローラー」というくらい王道のアイテムです。

ダンベルは腕、腹筋ローラーは腹筋を鍛えるためのものというイメージでしょう。

実は、腹筋ローラーは腹筋だけでなく腕・肩・胸・背中・足まで鍛えられる優秀なアイテムなんです。

それでいて、安いものであれば1000円くらいで買えるんですね。

筋トレを頑張りたいのであれば、持っていて損はないかなというアイテムです。

腹筋ローラーにも色々あります

また、腹筋ローラーにも色々あるので色々比べてみるといいです。

スタンダードなものから↓↓↓

さらに安定性を増したもの↓↓↓

「戻り」を楽にしたもの↓↓↓

価格は1,000円〜2,500円と、いずれもお求め安い設定になっています。

Amazonランキング1位の腹筋ローラー

そして、今回紹介するのがAmazon腹筋器具ランキング1位のSoomloomストレッチ腹筋ローラー↓↓↓

soomloom-abs-roller【amazonランキング1位】Soomloomストレッチ腹筋ローラーのやり方

シンプルな内容と、1,070円という安さで人気です。

組み立ても簡単で↓↓↓

【amazonランキング1位】Soomloomストレッチ腹筋ローラーのやり方-02

専用の膝サポーターマットも付属しています。

マットの厚さは約1cm↓↓↓

【amazonランキング1位】Soomloomストレッチ腹筋ローラーのやり方-03

必要最低限の厚みという印象ですね。

Soomloomストレッチ腹筋ローラーの使い方

【amazonランキング1位】Soomloomストレッチ腹筋ローラーのやり方-04

腹筋ローラーの使い方は、いくつかバリエーションがあります。

その中から、上記の2つが基本になります。

自分の筋力に合わせて、レベルを変えてトレーニングしましょう。

1日5分が目安です。

腹筋ローラーで間違いがちなやり方

試しに腹筋ローラーを使ってみますね。

何気に、人生初の腹筋ローラーです↓↓↓

【amazonランキング1位】Soomloomストレッチ腹筋ローラーのやり方-05

まずは膝を付いた状態から、グググっと前にローラーを転がします↓↓↓

【amazonランキング1位】Soomloomストレッチ腹筋ローラーのやり方-06

筋力が高いほど、地面への距離が縮まります。

自分の筋力に合わせて、転がす距離を調整します。

膝を付いて余裕であれば、膝をつかない状態でチャレンジします。

ここから元の状態に戻るのですが、「戻り方を間違える人が多い」ので注意です。

戻る際は、「腕の力ではなく腹筋の力で」戻ります。

腹筋をグッと内側に織り込むイメージ、背中を丸めて引き寄せる感じですね。

そうすることで、腹筋へのアプローチが正しく行われます。

腹筋ローラーが使えない人もいる

腹筋ローラーは、シンプルな動きで効果があるものなので安いもので十分だと思います。

膝サポーターマットが付いてるか付いていないかで選ぶくらいでいいかなと。

ただ、僕にはちょっと使えないようです。

実は、右腕に20年前の骨折の際の金具が入ったままになっています。

傷はとっくに完治しているのですが、伸ばした際に腕の骨折箇所に強い刺激がありました。

腕への負担がかなり強いようですね。

そんな人は少ないと思いますが、肩や腕に何らかの不安がある人は使用を避けたほうがいいかもしれません。

「お試し」で買うのであれば、Soomloomストレッチ腹筋ローラーはちょうどいいと思います。

どこで買えるの?

Soomloomストレッチ腹筋ローラーはAmazon.co.jpで購入できます↓↓↓

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*