【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー00

自宅で「筋トレ」するなら「懸垂」もできたら良いのですが、大きな「懸垂マシン」は部屋に置けないという人は「ドア枠に固定」して懸垂できる「BODYROX ドアジム 懸垂バー」はいかがでしょうか↓↓↓

懸垂バーは昔から気になってたのですが、安定性や安全面が不安で手を出さなかったんですよね。

今回購入した「BODYROX ドアジム 懸垂バー」は、「日本製」と言うことで安心だしamazonレビューも良い評価なので良いかなと↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー01

「BODYROX ドアジム 懸垂バー」は、プライム対応ではないですが在庫があればすぐに到着します。

商品の重さは1.3kgです。

中身↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー02

中には「BODYROX ドアジム 懸垂バー」本体と、金具、説明書が入ってます。

本体の両端は透明ゴム製になっていて、ここで壁に固定されます↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー03

「BODYROX ドアジム 懸垂バー」を取りつける場所ですが、本体の長さが64cmから104cmで入る場所を探します。

固定する場所は、木製のドア枠以上の強度が必要ですね↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー04

左右に突っ張るので、強度が無いドア枠だと痛めてしまう可能性があるので注意です。(自己責任)

壁紙の上に固定しようとすると、壁紙が擦れて破れるので辞めておきましょう。

扉の形状などで設置できる場所が限られると思うので、購入前に検討をつけておく必要があります。

うちの場合は3か所に設置できそうでしたが、室温などを考えると寝室の入り口がベストでした↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー05

設置する高さは任意ですね。

僕は固定しっぱなしにしておきたいので、頭が当たらず邪魔にならないこの高さにしました。

左右を均等に延長して、水平を確認しながら固定します。

軽く固定してから、中央を「動かなくなるまで」まわします↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー06

これでまず1回目の固定。

それから、左右の固定金具を延長した境目で固定します↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー07

六角レンチでギリギリ閉められるところまでまわしておきます。

それからパチンと固定(2回目)↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー08

さらに、その固定金具をネジで固定(3回目)↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー09

ここまでしっかり固定するなら安心かなと↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー10

これでも不安な場合は、付属の固定金具で壁自体にビス固定になりますが賃貸だと無理ですね。

おそらく、そこまでして120kgまで支えられるのでしょう。

ビス固定無くても、僕の現在の体重(62kg)でビクともしません。

レビューを見ると75kgでも余裕のようです。

「BODYROX ドアジム 懸垂バー」の説明書に、色々な使い方が紹介されています↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー11

日本の一般的なドア枠だと横幅がそれほどないので運動は限られてしまいますね。

低い位置に固定すればL字懸垂や斜め懸垂ができます。

他に、腕立て伏せや腹筋など色々な使い方ができますね↓↓↓

それでは早速やってみましょう↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー12

うぐぐぐぐっ・・・↓↓↓

【筋トレ】自宅で懸垂マシン「BODYROX ドアジム」日本製-レビュー13

こんな感じですね。

23歳で骨折をしてから全く腕の運動をしていなかったので、逆手でも2回しかできませんでした(汗

ヤバいなと。

成人男性の懸垂平均回数が8回だそうです。

2回は6歳児並みだそう。

懸垂が全くできない場合は、低い位置に固定して「斜め懸垂」から回数を増やしていくと良いようです。

今年中に、どうにか平均の8回はできるようになりたいですね。

そして「BODYROX ドアジム 懸垂バー」をしばらく使ってみての感想ですが、まずそこそこ激しく動いても全くずれないのが良いです。

グリップもよく、通路にあるので気づいたときに懸垂ができます。

悪い点は、やはり「幅」でしょうか。

背中まで鍛えたい場合は「握る位置」が重要になってくるのですが、うちの場合はずらして肩幅+左右に拳1つ分くらいです。

固定金具を外せばもう少し移動できそうですが、肘がドア枠に当たってしまいますね。

それと、グリップ部分の「臭い」でしょうか。

スポンジの臭いは、おそらく「そんなもん」だと思うので使用後に手を洗えば良いくらいです。

それくらいですね。

これで生活の中に「懸垂をする」機会が増えました。

かなり良いと思います。

価格は3000円なので気軽に始めやすいかなと思います。

ご購入はこちらからどうぞ↓↓↓

似た商品が色々ありますが、国内生産・国内正規版のものを選べば安心かなと↓↓↓

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*