【プロに聞いた】ボディメイクのやり方と始めるタイミング-筋トレ

【プロに聞いた】ボディメイクのやり方と始めるタイミング-筋トレ-00

「筋トレ」において「ボディメイク」という考え方は重要ですが、今年の夏までに”良いカラダ”になるために「いつから」始めるべきか「どこを」「どうやって」鍛えればいいのかをプロに聞いてきたのでレポートです。

今回も早稲田(東京)にあるSAWAKI GYM(サワキジム)さんの監修です。

「筋トレ」において「ボディメイク」意識は重要

コロナ渦での運動不足解消に「筋トレ」を始めた人も多いと思います。

しかし、いざ筋トレを始めてみたものの「続かない」という人も多いでしょう。

筋トレを続けるためには「目標」を決めることが重要です。

例えば「減量」や「コンプレックスの解消」なども良いでしょう。

そこで重要なのが「数値」と「見た目」になります。

体重や体脂肪率、胸囲や胴囲の寸法などの「数値」と、バランス良く格好の良い「見た目」です。

ただ、これらの「目標設定」をどうしたらいいかがわからないんですね。

筋肉の重さと脂肪の重さは違うのでスタイルが良くなっても体重は増えます。

なので、気にするのは「体重」よりも「体脂肪率」です。

ただ、「見た目」の改善を頑張っている自然と体脂肪率は変わってきます。

なので、最も重要なのは「見た目」になります。

人によって骨格や現状の筋肉のバランスは全く違います。

それらを考えながら「理想」に近づけるために体を作っていくのがボディメイクです。

まずは、現在の自分の体形を確認して「どうなりたいか」を目標にしましょう。

「理想」を決めて目標にする

まずは「コンプレックスの改善」から入るのが一般的だと思います。

「痩せすぎている」「太り過ぎている」「お腹が出ている」などでしょう。

それらの解消のためのプログラムを考えるところから始めます。

それと同時に「どうなりたいか」も決めます。

「マッチョになりたい」「細マッチョに」「男らしいカラダに」「シュッとした印象になりたい」などですね。

次に「そうなるためにどうするべきか」を考えます。

現在の自分の体形を見て、筋肉が足りない部位や脂肪がつき過ぎている部位などを分析します。

そして、その部位の増やし方・減らし方を考えます。

あとは、ひたすら目標に向かって頑張るだけです。

何の種目をすればいいの?

例えば、理想の体形になるために「肩」のボリュームが必要だとします。

次に、YouTubeで「肩 筋トレ」などで検索するでしょう↓↓↓

参考:YouTubeで「肩 筋トレ」を検索

とりあえず、上から順に観ていって見様見真似で始めるというパターンかなと。

すると、「自重が良いのか」「ダンベルは買うべきか」など疑問がわいてくると思います。

次に「フロント」「サイド」「リア」と、肩でも「3つ」に分かれることを知ります。

もっと知るために動画を観進めていると「人によって言ってることが違う」ことに気づきます。

そして、どれが正解なのかわからないま年月が経ち飽きてしまうというパターンは少なくはないでしょう。

まずは「勉強」、「理解」をして「組み立て」、「実行」です。

いつから始めたらいいの?

上記の話で分かるように、現状で何もわからないのであれば「今すぐ」始めます。

僕の場合、筋トレを始めて2年半が経った今でもわからないことだらけです。

そう考えると、”今年の夏”までに仕上げたいのであれば「2年半以上前から始めるべき」になってしまいます。

今年はもう無理なのか??

いいえ。

そんな人の為に「パーソナルトレーニング」があります。

筋トレに関するあらゆる「知識」「経験」を持つトレーナーが、結果を出すための「近道」を教えてくれます。

パーソナルトレーニングは高額というイメージがあります、上記の話を考えると高くはないと思います。

あなたの2~4年分の勉強を代わりにやってくれているわけだから決して高くはないでしょう。

それは体験してみるとわかると思います。

パーソナルトレーニングを受けるとしても、「3ヵ月スパン」で考えると良いので始めるなら「今」がベストでしょう。

2・3・4月、5・6・7月なのでギリギリですね。

後半は仕上げに向けての減量も入ると思うので、夏までにどうにかしたいのであれば「今」が始め時なのです。

例えば僕の場合の解析

【プロに聞いた】ボディメイクのやり方と始めるタイミング-筋トレ-01

例えば、僕が通っているSAWAKI GYM(サワキジム)さんの場合です。

まずは、前後左右と写真を撮りあなたの体形・体格を分析します。

僕の現状が上記です。

僕の理想は「バランス良く」で「男らしい体形」を希望しました。

これまで2年半頑張ってきたのですが、やはり「偏り」があるので夏までに「バランス」を取りたいと思いす。

僕のコンプレックスは、「バランスの悪さ」と「全体的な筋肉量不足」、後は「お腹のお肉」ですね。

筋トレ1年目は「胸・背中」をひたすら頑張って、2年目は「脚・腕・肩」を頑張りました。(頑張ったつもり)

それらを踏まえて、処方してもらった「頑張るべき部位」がこちら↓↓↓

  • 胸筋上部
  • 肩前後
  • 二頭筋
  • 脊柱起立筋
  • 尻ハム

胸上部トレが足りていなかった点、肩は全体的に頑張っていた割りに前後に上手く効いていなかった点、三頭筋トレが楽しすぎて偏っていた点など、思いっきり体に出ていたということですね。

姿勢が悪くなることや、全体的な筋肉量を増やす目的も含めた処方になっています。

それから、それを踏まえたプログラム作りですね。

どんな内容になったかは、また後日書きたいと思います。

パーソナルトレーニングは決して高額ではない

こういう感じで、自分で解析しようとすると何年もかかることが十数分で終わります。

そして、その解析を元に効果的な種目の組み合わせを考えてくれます。

そして「正しいフォーム」の指導、補助、追い込み、応援まで。

あなたが目標にたどりつけるまで、あらゆるバックアップをしてくれるのがパーソナルトレーニングです。

そう考えると、決して高額ではないと思います。

家トレと併用すれば、さらに効果的になると思いますよ。

パーソナルトレーニングジムの選び方

パーソナルトレーニグジムも色々あります。

一般的なスポーツジムも含め、選ぶなら「近さ」です。

筋トレは、なんだかんだ言い訳をつけてサボりがちなので「遠いから」と言わせないようにします。

あと「帰りがシンドイ」というのもあります。

それと「知り合いのオススメ」でしょう。

Googleマップの口コミなどではなく、ちゃんとそこに通ったこととがある「知り合い」の感想を聞きましょう。

Before&Afterもあまり参考にならない場合もあります。

パーソナルトレーニングジムにも色々ありますからね(含)。

あとは、トレーナーさんとの「相性」です。

体験ができるのであれば、入会前に体験を受けることをオススメします。

早稲田・高田馬場、沖縄北谷近辺ならSAWAKI GYM(サワキジム)さんがオススメです↓↓↓

参考:SAWAKI GYM

サワキジムさんも体験パーソナルがあるので是非どうぞ。

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

この記事を書いた人