【体験30日目】海外製「マックスプロテイン チョコ風味」人気の理由

【体験30日目】海外製「マックスプロテイン チョコ風味」人気の理由-00

「プロテインは美肌に良いサプリメント」ということで、人気の「エスイーアイ・ファーマシューティカル マックスプロテイン」の「バニラ風味」を飲み終わったので次は「チョコレート風味」を試してみたいと思います。

プロテインは美肌に良い

プロテインは「タンパク質」のサプリメントです。

人間の身体は、水とタンパク質で出来ていると言って過言ではないので、身体を作るたんぱく質を摂取するのは美容に有効です。

例えは、「お肌のハリが足りない」という人や「薄毛」で悩んでいる人はタンパク質が足りないという可能性が高いです。

タンパク質の1日の摂取量目安は、体重1kgに対して0.5~1gと言われています。

体重60kgの人であれば、1日に60gのたんぱく質を摂取する必要があります。

タンパク質60gというと、コンビニで買えるササミスティック約5本分になります↓↓↓

これを毎日と考えると、タンパク質が全く足りていないという人は多いんじゃないかなと。

僕もそうでした。

気軽にタンパク質を摂取できるのが、タンパク質のサプリメントである「プロテイン」ですね。

プロテインにも色々ある

プロテインには、「ホエイ」、「ガセイ」、「ソイ」とあり目的によって選びます。

筋肉・体を大きくしたいなら「ホエイ」のプロテインを摂取します。

スマートになりたいなら「ソイ」プロテインです。

プロテイン選択も大事ですが、運動(筋トレ)の内容でも結果が変わるので筋トレは勉強が必要です。

ホエイプロテインにも色々ある

ホエイプロテインにもメーカーが色々あるのですが、比較的内容が良いからといっても自分に合わないという場合があります。

出来るだけ「飲む量」で調整したくないので、配合バランスで飲み比べて自分に合うプロテインを見つけたいですね。

僕が初めに飲んだ「ニトロプロ」は↓↓↓

【海外プロテイン】コスパ高「ニトロプロ チョコレート味」ホエイ-04
【海外プロテイン】コスパ高「ニトロプロ チョコレート味」ホエイ

タンパク質の含有率が80%で、BCAA配合のホエイプロテイン。

日本で一番人気のザバス ゴールドが↓↓↓

タンパク質の含有率が71%で、BCAAは配合されていないようですね。

価格はあまり変わらないので、味も格段に美味しいニトロプロを選ぶでしょう。

しかし、ニトロプロは体験1ヶ月を過ぎたところから摂取直後に腹痛に襲われるようになりました。

原因は「急に大量のタンパク質を摂取し過ぎたこと」と「糖分の過剰摂取」のようです。

日本プロテインで身体を壊すことはあまりなのいので、初心者なら日本プロテインから始めるのは良いでしょう。

お腹に優しいホエイプロテイン

【体験30日目】海外製「マックスプロテイン チョコ風味」人気の理由-01

ニトロプロでお腹が痛くなる現象は、飲むヨーグルトや無調整豆乳で割ることで軽減できました。

しかし、そこまでして続けるのもどうかなということで「エスイーアイ・ファーマシューティカル マックスプロテイン」に乗り換え↓↓↓

【筋トレ】胃に優しい低脂肪ホエイ「マックスプロテイン」体験開始-01
【筋トレ】胃に優しい低脂肪ホエイ「マックスプロテイン」体験開始

マックスプロテインのタンパク質含有量は78%で、BCAAの他、筋トレに有効な成分が色々配合されているのも人気の理由。

価格が他社より安いので、コスパの高さも人気の理由ですね。

また、お腹に優しい製法で作られているのも特徴です。

マックスプロテイン体験1ヶ月しましたが、摂取後に腹痛に襲われることはありませんでした。

ただ、量を多く飲んだ時や飲むヨーグルトで割るとお腹がゴロゴロになります。

僕にはギリギリの量のようです。

マックスプロテインの内容成分

【体験30日目】海外製「マックスプロテイン チョコ風味」人気の理由-03

【体験30日目】海外製「マックスプロテイン チョコ風味」人気の理由-04

1スクープあたり:
タンパク質 25g

成分:
ホエイプロテインコンセントレート、加水分解コラーゲンプロテイン、L-アラニン、アルカリ処理された天然ココアパウダー、グリシン、BCAA 2:1:1(L-ロイシン、L-イソロイシン、L-バリン)、天然香味料・人工香味料、天然バニラフレーバー、ラクターゼ、スクラロース

プロバイオティクスブレンド
ラクトバチルス・ラムノサス、ラクトバチルス・アシドフィルス、ラクトバチルス・プランタラム、ビフィドバクテリウム・ブレーベ、ビフィドバクテリウム・アニマリス亜種ラクティス

※代表的なアミノ酸プロフィール
1スクープあたり:
アラニン 7394mg、アルギニン 1071mg、アスパラギン酸 1165mg、シスチン 125mg、グルタミン酸 2139mg、グリシン 3054mg、ヒスチジン 242mg、イソロイシン 489mg、ロイシン 948mg、リジン 861mg、メチオニン 186mg、フェニルアラニン 397mg、プロリン 1871mg、セリン 685mg、スレオニン 510mg、トリプトファン 110mg、チロシン、139mg、バリン 560mg

「脂質控えめ」と言いますが・・・

前回のニトロプロと比べて「脂質控えめ」ということでマックスプロテインに移行しました。

マックスプロテインの脂質は、1スクープ(37.5g)あたり0.5g。

ニトロプロの脂質は、37.5gあたりで計算すると1.25gなので約2.5倍です。

2.5倍だと言ってもその差は0.75gなので、実質そんなに気にするほどでも無いでしょう。

ちなみに、ザバスゴールドの脂質は37.5gあたり2.35gになるので最も脂質が高いです。

糖質は、ニトロ4.3g、マックス9g、ザバス4.8gです。

腹痛の原因だったはずの糖質が一番多いのがマックスプロテインなのに、お腹が痛くならないというのは「技術力」なのでしょうね。

素晴らしいです。

バニラ風味の「ニオイ」がツラかった

人気のマックスプロテインですが、前回購入した「バニラ風味」の「ニオイ」が凄かったですね。

味はかなり美味しくて良かったのですが、独特な臭いが慣れるまでに時間がかかりました。

甘さは、青汁を足すことで解決できたのですが↓↓↓

そこで、今回は「チョコレート風味」を購入してみました↓↓↓

【体験30日目】海外製「マックスプロテイン チョコ風味」人気の理由-02

マックスプロテインのチョコレート風味は、気になる臭いも無く味も美味しいのでバニラより人気です↓↓↓

【体験30日目】海外製「マックスプロテイン チョコ風味」人気の理由-05

こちらも、ニトロプロ チョコレート風味と同じく「ミロ」の味ですね↓↓↓

【体験30日目】海外製「マックスプロテイン チョコ風味」人気の理由-06

相変わらず「甘さ」は強めなので、気になる人は工夫が必要です。

チョコレート風味にも青汁は合わなくはないですが、青汁はバニラのほうが合いますね。

こちらは臭いが気にならないので、チョコドリンクだと割り切ってそのまま飲んでます。

お腹への負担も変わらないので、次買うとしたらチョコレート風味をリピートします。

どこで買えるの?

マックスプロテインは「オオサカ堂」さんで購入できます。

味は「バニラ」と「チョコレート」の2種類です↓↓↓

参考:マックスプロテイン(MaxProtein)バニラ風味
参考:マックスプロテイン(MaxProtein)チョコレート風味

数値の変化は後日報告したいと思います。

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*