【フェロモン香水】フェロモア(男性用)を1ヶ月使ってみた結果-効果


【フェロモン香水】フェロモア(男性用)を1ヶ月使ってみた結果-効果00

皆さんは「フェロモン香水」と言うのをご存知でしょうか?

異性を惹きつける「フェロモン」を発散させる成分が入った香水で、「香り」で惹きつけるのではなく「成分」で惹きつけるというものです。

いわゆる「媚薬(大人向け)」の部類に入るのでどうしようか迷ったのですが、使ってみると意外と「美容効果も高い」というのが分かったのでレポートしようかなと。

皆さんが気になる「大人な効果」も含めて、赤裸々に書きたいと思います。

フェロモアアルティメイトリキッド

今回体験したフェロモン香水は、「フェロモアアルティメイトリキッド」という「遺伝子レベルで惹きつける」ヨーロッパで話題の香水です。

僕がお世話になってるオオサカ堂さんでも↓↓↓

【フェロモン香水】フェロモア(男性用)を1ヶ月使ってみた結果-効果06

423レビューで、☆4つと人気です。

それぞれ対象に応じて配合成分が異なる4種類から選びます↓↓↓

[M]は女性を惹きつけたい男性用商品となります。
[F]は男性を惹きつけたい女性用商品となります。
[L]はレズ女性に女性を性的に惹きつけるための女性用香水です。
[G]はゲイ男性に男性を性的に惹きつける男性用商品となります。

その中から、僕は「女性を惹きつける男性用」の「M」を購入しました↓↓↓

【フェロモン香水】フェロモア(男性用)を1ヶ月使ってみた結果-効果01

参考:フェロモアアルティメイトリキッド(Phermore-M)

商品説明に「フェロモン濃縮物をつけることによってフェロモン発散に働きかけます。」とあります。

この解釈が微妙で、フェロモア自体がフェロモンと同様の効果があるのか、フェロモアをつけることで自分のフェロモンが多く作られるのか、自分のフェロモンが効率よく広がるのか、どれでも受け取れますね。

「フェロモアスプレーは、コピュリンとフェロモンを含む成分を配合しているので、魅力を増幅させることが期待でき、フェロモンが発散されることによって、意中の相手を惹きつけます。」ともあります。

「コピュリン」とは、女性が排卵日に分泌するフェロモンでなので「男→女」の効果のようですね。

なので、フェロモアを使用することで相手にも自分にも「何らかの効果」があるんだなと↓↓↓

【フェロモン香水】フェロモア(男性用)を1ヶ月使ってみた結果-効果02

香水なので「副作用」は無く、また香水として以外の使用はしてはいけません。

フェロモアアルティメイトリキッド[M] に含まれる成分

・シクロメチコン
・ジメチコーン
・プロピレングリコール
・変性アルコール
・アンドロステロン
・アンドロステノン
・p-フェニレンジアミン
・a-アンドロステノール
・b-アンドロステノール
・アンドロスタディエノン
・オキシトシン
・ブレメラノチド

この中の「オキシトシン」という成分が重要で、オキシトシンは「幸せホルモン」と呼ばれストレス緩和に役立つ成分と言われてます。

他に大人な成分が入ってるのですが、そのあたりは商品詳細ページをご参照下さい↓↓↓

参考:フェロモアアルティメイトリキッド(Phermore-M)

フェロモアアルティメイトリキッド[M]本体

フェロモアアルティメイトリキッド[M]は、1本20ml入りでこのサイズ↓↓↓

【フェロモン香水】フェロモア(男性用)を1ヶ月使ってみた結果-効果03

スプレータイプで↓↓↓

【フェロモン香水】フェロモア(男性用)を1ヶ月使ってみた結果-効果04

必要な個所に塗布します↓↓↓

【フェロモン香水】フェロモア(男性用)を1ヶ月使ってみた結果-効果05

フェロモアアルティメイトリキッド[M]自体の「香り」は弱く、似た香りで言えば「アースノーマット」かなと↓↓↓

それをイメージすれば、「良い臭い」ではないですが「和む臭い」というのが想像できるかなと。

臭いは4種類それぞれ違うようです。

これは、男女で感じ方が違うのかなと思ったのですが同じでした。

フェロモアをつける場所

これは好みでいいと思うのですが、いわゆる「加齢臭が気になるところ」に塗布が正解かなと思います。

僕は、手首、耳の後ろ、脇の順でつけてます。

ここで気になったのが「脇」。

通常の香水の場合は「シャツの脇のあたり」にこすりつけますが、フェロモアの場合は「脇に直接(素肌)こすりつける」のが良いんじゃないかなと思います。

説明の「発散に働きかける」がどの解釈の場合でも、素肌に塗るならすべて適用かなと。

手首から加齢臭は出ないと思いますが、塗り広げる際に便利なのと他にもメリットがあるのですがそれは後ほど。

フェロモアをつける量

これは決まってないですが、手首に1~2プッシュを広げるくらいで良いと思います。

大量にかけまくって臭いが大変なことにはならないですが、大量にかける意味は無いと思うので少量で良いかなと。

体中にかけまくったからといって、漫画のような展開にはなりません。

フェロモアの効果は短いので、2~3時間置きくらいにつけ直すのがいいと思います。

そうなると、やはり節約したいところですね。

実際にモテるのか?

皆さんが一番気になるところだと思います。

これは、正直「モテる」と思います。(個人差あり)

なぜかと言うと、成分がどうという以前に「フェロモン香水をつけてる自分」ということで「モテスイッチ」がONになります。

誰でも「フェロモン香水をつけてるからには相手に気にいられるようにしなきゃ」という気持ちに「少なからず」はなると思います。

そうなると、「髪型ちゃんとしなきゃ」や「お洒落も頑張ろう」と「美意識」が向上します。

これが「モテ」への一歩になる。

気になる女性への「配慮」も変わってきますし、「仕草」や「行動」も変化していくわけですね。

もしくは成分で優しい気持ちになっているのかもしれませんね。

異性との距離が縮まる

男性は年を取ると「体臭」が気になります。

夏など汗をかく状況なら特に。

そうなると自然と異性と距離を取ってしまいますよね。

物理的な距離です。

この点でも、効果を出したくて自然近くに寄ろうとなっています。※スメハラ注意

体臭ケアは、普段から心がけていることが前提ですね。

気になる人はフルーツをいっぱい食べましょう↓↓↓

参考:【モテ体臭】加齢臭にはフルーツが有効!女性は果実男子の匂いが好き

距離は時間が経つたびに近くなってることに気づきます。

気づけば、相手の「パーソナルスペース」に入ってる時もあるので効果はあるかなと。(個人差あり)

そして、物理的な距離が縮まれば、心理的な距離も近づくかなと。

異性との会話が増える

異性との距離が縮まることで会話をする機会、時間が増えますよね。

それよりも、この「フェロモン香水」という話題が「女性受け」がかなり良いです。

まったく知らない人にいきなりフェロモン香水の話をすると引かれると思いますが、ある程度の関係の人にだと興味を持たれる確率がかなり高いです。

男性からの興味は圧倒的に多いですが、女性からの興味も多いことに驚きました。

これも話す側の個人差があると思うので、無作為に話を持ち出すのは注意です。

話を持ち出すときは、「今つけてない」ところから始めるのが重要なので、「実は今つけてて」はNGです。

そこから、後の会話につなげる、つながるという効果があります。

その時に手首で香りを嗅いでもらいます。

手首に加齢臭は無いので安心です。

惚れ薬としての効果

距離も近づいて、会話も増えて、仲良くなって、好きになる。

これは自然な流れでとても理想的ですよね。

フェロモアを使うことで、一気に「一目惚れ」な展開は正直どうかなと思います。

あくまでも、「時間を上手く重ねるための手段」と思ってます。

「惚れる」というより、「一緒にいて安心する」「一緒にいて和む」という効果はあるようです。

了承の上、僕と接してくれている女性からもそういう声はありました。

「もともとそんなキャラだよ」と言われましたが(汗

「安心する」=「好きかも」という効果ですね。

媚薬としての効果

これはどうかわかりません。

了承の上、接していただいてる女性は「NO」や曖昧な返事。

そもそも、本人目の前に「YES」とは言えないから実証がとれないですよね。

実際のところどうなんでしょうね?

ちなみに、彼女持ちの友達に使ってもらったところ「いつも通り」だったそう。

本当かな?

前もって知ってて使っても、効果が実感できなくなるのかもしれませんね。

これは各自で確認してみてください。

フェロモアの美容効果

そう、つまり「モテよう!」「モテる!」という意識が高まることで、さらに色々努力します。

細胞もイキイキしてきますから、お肌の調子も良くなるというわけですね。

それに、「女性に優しくなる」というのは、「表情」や「顔つき」にも影響しますから良いと思います。

結果として

フェロモアの使用は『断然あり』だと思います。

「モテたいけどモテない」という人は、「モテるようなことをやっていない」「女性に優しくない」という可能性が高いかもしれません。

それが上手くできないなら、フェロモアで意識を変えていくという手もありだと思います。

そもそも僕の美容のコンセプトは「女性が喜ぶ男性美容」なので断然ありです。

「美容じゃないじゃん!」と思うアナタ、それならそれでいいです。

僕は美容だと「思って」ます。

美容において「思い込み」はかなり重要です。

フェロモアの値段と購入方法

フェロモアは、オオサカ堂さんで個人輸入(自己責任)で購入できます。

1本20ml入りで3,572円です。

3本なら9,140円、12本なら33,010円と安くなります。

他の種類も同額です。

1本20mlで2ヶ月くらいは使えるんじゃないかなと思います。

試してみたいという人はこちらからどうぞ↓↓↓

参考:フェロモアアルティメイトリキッド(Phermore-M)

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

この後に読まれてる記事は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*