【筋トレ】関節痛予防にグルコサミン&コンドロイチンタブレット

【筋トレ】関節痛予防にグルコサミン&コンドロイチンタブレット

「筋トレ初心者」や「加齢」が原因で起こりやすい、肘や膝の「関節痛」予防に「Mypretein(マイプロテイン)グルコサミン HCL (塩酸塩) & コンドロイチン タブレット」はいかがでしょうか?

関節痛になる原因と改善方法も合わせて参考にしてみてください。

関節痛の原因と改善方法の解説動画

まずは、関節痛についてかなり勉強になった動画をどうぞ↓↓↓

この動画の内容は↓↓↓

  1. まず原因を理解する
  2. 関節痛の種類
  3. 関節痛の改善と予防について

・・・です。

この内容に沿って僕が行ったこと、関節痛が改善された経緯を書きたいと思います。

まず「原因」を知る

例えば、僕の場合「肘」がよく関節痛になります。

それは、「最高重量」で「ダンベルベンチプレス」を行ったときに高確率で発症します。

「加齢」や「運動不足」が原因での軟骨不足もあると思いますが、それ以前に「フォームの悪さ」や「筋力不足」が原因のようです。

フォームの悪さで起こる「ブレ」を補うために筋肉を使おうとするのですが、その筋肉が足りずに関節に負担がかかってしまいます。

そこに加齢と運動不足が足されるので、同じ関節痛が何度も繰り返される状況です。

試してみた方法1「サポーター」

【筋トレ】初心者のうちからサポーターは使った方がいい理由と効果-00
【筋トレ】初心者のうちからサポーターは使った方がいい理由と効果

初心者のうちからサポーターはあった方がいいと言います。

どのサポーターが良いのかわからなかったのでAmazonで人気のものにしてみました。

今でも使っていますが、効果的には「無いよりマシ」程度でこれをつけたからと言って関節痛にならないわけではないです。

もっと良いサポーターなら違ったかもしれませんね。

試してみた方法2「バーベルに変更」

次は「フォームの悪さ」の対策。

とにかく重量を落としたくないので、「ダンベル」を「バーベル」に変更しました↓↓↓

【筋トレ】パワーラック無し省スペース ホームジム(家ジム)を作った-03

バーベルに変更することで可動域が狭くなってしまいますが、まずはフォームの安定と筋力アップを優先します。

関節痛になるとしばらく腕系のトレーニングが出来なくなってしまうので、出来なくなるよりマシだと考えます。

バーベルでは、高重量でも肘が痛くなることは無くなりました。

試してみた方法3「塗り薬」

次に、関節痛になってしまったときの「改善方法」。

効果があったのが塗り薬の「ゼノール エクサムSX」↓↓↓

【肩こり】市販で買える薬「ゼノール エクサムSX」オススメな理由00
【肩こり】市販で買える薬「ゼノール エクサムSX」オススメな理由

上記記事に書いているのですが、「ゼノール エクサムSX」は病院で処方される塗り薬とほぼ同成分です。

肩こり用に買っていたものですが、関節痛にも効果があるので寝る前に肘周辺に塗っていました。

回復が断然早くなるのでオススメです。

試してみた方法4「ツボ」

肘の内側にある「少海」というツボを刺激することで肘の関節痛が和らぎます。

以前僕が観た動画では、この場所を親指で押し反対側を中指で挟み、その状態で手首を外まわし⇔内まわしするものでした。

その方法で、嘘のように関節痛が消えるので試してみてください。、

昼間はツボマッサージ、夜は塗り薬という組み合わせでかなり回復が早くなります。

試してみた方法5「サプリメント」

【筋トレ】関節痛予防にグルコサミン&コンドロイチンタブレット-01

そして今回紹介のサプリメント「Mypretein(マイプロテイン)グルコサミン HCL (塩酸塩) & コンドロイチン タブレット」。

グルコサミンやコンドロイチンは元々体内に存在する成分で、軟骨を作っています。

軟骨は衝撃を吸収するクッションの役割を果たし、関節への負担を軽減します。

Mypretein(マイプロテイン)グルコサミン HCL (塩酸塩) & コンドロイチン タブレットには、グルコサミン500㎎、コンドロイチン400㎎配合されています↓↓↓

【筋トレ】関節痛予防にグルコサミン&コンドロイチンタブレット-02

1日1錠を食事と共に摂取します↓↓↓

【筋トレ】関節痛予防にグルコサミン&コンドロイチンタブレット-03

僕は、寝る前に1錠飲んでいます。

合わせて飲みたいサプリメント

グルコサミン&コンドロイチンに「オメガ3」を合わせることでさらに効果が高まるとされています↓↓↓

【EPA&DHA】必須脂肪酸サプリメント「オメガ3」は筋トレにも有効-00
【EPA&DHA】必須脂肪酸サプリメント「オメガ3」は筋トレにも有効

僕の場合、この組み合わせで関節痛がかなり減少され、発症しても治りが早くなりました。

フォームも改善され筋力も増したのもあると思いますが、目標重量に到達するまでは続けたいと思います。

筋トレ初心者が関節痛になる原因

筋トレ初心者の場合「フォームの悪さ」や「筋力不足」が関節痛の原因になりますが、筋トレ中の「ある動作」でも関節痛を引き起こしているので注意です。

それは「フォームに入るための準備動作」です。

例えば「ショルダープレス」をする際に、足元にあるダンベルを持ち上げスタートポジションに行く動きのです。

実はこの動きが関節にダメージを与えています↓↓↓

【筋トレ】関節痛予防にグルコサミン&コンドロイチンタブレット-04

順手で持ち、そのまま一気に肩の上まで持ち上げる動きですね。

つまり、「関節の正しい動きと違う方向で負荷をかける動き」のことです。

正しくは↓↓↓

逆手で持ち、肘を折り曲げ持ち上げてから、横に移動します。

筋トレ初心者のうちはダンベルが軽いので気づきにくいです。

これと同様に「肩の上に上げる動作」で肘を傷めやすいので気を付けてみて下さい。

フォームも大事ですが「動作」も大事と覚えておきます。

どこで買えるの?

Mypretein(マイプロテイン)グルコサミン HCL (塩酸塩) & コンドロイチン タブレットは、Mypretein(マイプロテイン)公式サイトで購入できます。

1本120錠入りで2,490円です。

セール中なら2,090円くらいで購入できます。

マイプロテインはセールを上手く利用すればお得になります。

さらに、こちらから新規登録すると1000円分の割引クーポンをGETできます↓↓↓

参考:マイプロテインWEBサイト

または、クーポンコード「EBUC-R3」でもGETできます。

会員登録してから「グルコサミン」を検索してみてください。

参考:Amazon.co.jpで「グルコサミン」を検索
参考:楽天市場で「グルコサミン」を検索

参考にしてみてください。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*