【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ

【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ-00

その人の印象を大きく変える「白い歯」を手に入れる「ホワイトニング」ですが、自宅で行う「ホームホワイトニング」の歯科専用ホワイトニング剤「TAB-LAB PRO WHITENING CP10」を体験したのでレポートです。

話題の「セルフホワイトニング」との違いも参考にしてみてください。

ホームホワイトニングとセルフホワイトニングの違い

【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ-12

「ホームホワイトニング」という言葉を知らなくても「セルフホワイトニング」という言葉は知っていると思います。

ホームホワイトニングは、歯医者さんで処方してもらう「医療」のホワイトニングです。

歯医者さんで行うホワイトニングを「オフィスホワイトニング」と言い、処方してもらった薬剤で家で行うのが「ホームホワイトニング」と言います。

「歯を白くする」ことは「医療行為」になります。

セルフホワイトニングは、サロンなどで自分(セルフ)で行う「歯のクリーニング」です。

医療行為ではないので、リスクが少なく価格が安いことが人気の理由です。

セルフホワイトニングは医療行為ではないので、歯を白くすることはできません。

セルフホワイトニングでは「歯の着色汚れ」を落とし「歯本来の色」に戻します。

元々歯が黄ばんでいる人は、セルフとワイトニングではその黄ばんでいる歯に戻るだけです。

「ホームホワイトニング」も「セルフホワイトニング」も自分で行いますが、全く違うものになります。

また、セルフホワイトニングサロンで行うホワイトニング(クリーニング)は自力でも出来るレベルなのでサロンに通わなくても可能です。

歯を白くしたいのであれば歯医者さんに行きましょう。

歯科専用「TAB-LAB PRO WHITENING CP10」

【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ-01

そして、今回は歯科専用ホワイトニング剤「TAB-LAB PRO WHITENING CP10」を体験することができました。

この容器は見覚えがあると思ったら、以前体験した「ビーグレンデンタル ホワイトニングジェル」と同じですね↓↓↓

【体験12日目】ホワイトニングジェルビーグレンデンタル-口コミ
【体験12日目】ホワイトニングジェルビーグレンデンタル-口コミ

中身が同じ「ポリリン酸+過酸化尿素」なので、おそらくOEM商品だと思います。

TAB-LAB PRO WHITENINGは、歯科用として中身がいくつか用意されているようです。

今回は「CP10」という、過酸化尿素10%のタイプです。

歯を白くする成分には「過酸化水素」と「過酸化尿素(過酸化カルパミド)」があります。

オフィスホワイトニングでは過酸化水素、ホームホワイトニングでは過酸化水素より効果が優しい(約1/3)過酸化尿素が使われます。

「ポリリン酸」は、着色汚れを浮かして落とし、着色汚れの再付着を防ぐ成分です。

セルフホワイトニングサロンではポリリン酸「のみ」が使われます。

2液を合わせて使うホワイトニングジェル

【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ-02

TAB-LAB PRO WHITENINGは、ビーグレンデンタル ホワイトニングジェルと同じ2液を合わせて使うタイプです。

「ポリリン酸」が入った容器と「過酸化尿素」が入った容器を同時に押し出し、先端のパーツで混ぜ合わせて使用します。

ポリリン酸は汚れを浮かす成分ですが、ホワイトニングで起きる「知覚過敏」を和らげてくれる効果もあります。

この組み合わせが、効果的なホワイトニングを可能にします。

1本で5~7日分

【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ-03

TAB-LAB PRO WHITENINGは、1本あたり5~7日分です。

横の目盛りで確認しながら使っていきます。

使用する歯の本数で使い切る速度が変わります。

僕の場合、下の前歯7本のみで体験なので12日使えました。

1日1回、1回30分推奨ですが、色々試して休憩も含め12日間です。

専用のマウスピースを使います

【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ-05

ビーグレンのときはフリーサイズのマウスピースを使っていましたが、今回は歯医者さんでホワイトニング専用のマウスピースを作りました。

前歯7本分なので小さめですね。

くぼみに薬剤をちょっとだけ置いて、歯の水分をしっかり取ってから装着します↓↓↓

【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ-06

この状態で30分。

長く装着すると効果も高まりますが、その分「知覚過敏」になりやすくなるので30分くらいがベスト。

もし知覚過敏になったら?

知覚過敏になってしまったら、しばらくホワイトニングをお休みします。

2~3日くらいでしょうか。

冷たい水がしみなくなったら再開します。

早く結果を出したい場合や、もともと知覚過敏になりやすい人は「MIペースト」を併用すると良いかもしれません↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ
【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

ホワイトニング30分の後に、MIペーストをマウスピースに流し込んで30分装着します。

僕はこの方法です。

Before&After

気になるTAB-LAB PRO WHITENING CP10のホワイトニング効果です。

まずは、TAB-LAB PRO WHITENING使用前の状態です↓↓↓

【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ-07

コーヒー大好きなので、こまめにケアをしないとステインがかなり溜まります。

ホームホワイトニングの場合、あらかじめ歯のクリーニングもセットになってますので目に見える汚れは取ってくれます。

それでもコーヒーは続けますので着色汚れは蓄積されます。

そしてTAB-LAB PRO WHITENING使用12日目の様子がこちら↓↓↓

【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ-09

並べて見ると↓↓↓

【体験12日目】歯科専用ホームホワイトニング剤 TAB-LAB CP10 口コミ-11

写真の明るさをできるだけ近づけてみました。

着色汚れの再付着は無く、歯の色が少し明るくなっていますね。

体験開始2日目までは、朝と夜に1回ずつ1時間ずつやってみました。

案の定、知覚過敏になってしまったので2日間の休憩を入れました。

それから8日間は夜のみ1回30分、ホワイトニング後にMIペーストです。

そう考えると、1週間だと白くなったという実感は難しいかもしれませんね。

試してみるなら2週間以上をオススメします。

しかし、ポリリン酸の着色汚れへの効果は素晴らしいのでコーヒー好きにはオススメですね。

ポリリン酸だけだったらAmazon.co.jpでも購入できます。

ポリリン酸関連商品

普段の歯磨きにプラスすると効果的でしょう。

最後に

TAB-LAB PRO WHITENINGは歯医者さんでの処方のみになります。

TAB-LAB PRO WHITENINGを体験できる歯医者さんは検索でヒットするかもしれませんが、情報公開していない歯医者さんも多いので近所の歯医者さんに問い合わせるのは良いかもしれません。

参考にしてみて下さい。

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*