【メンズ必見!!】スキンケアの効率と効果が上がる時短ワザ-化粧水

【メンズ必見!!】スキンケアの効率と効果が上がる時短ワザ-化粧水-00

スキンケアの方法にも色々ありますが、ズボラ男子でも簡単に続けられるスキンケアの”効率”と”効果”が上がる化粧水の使い方(時短ワザ)の紹介です。

メンズスキンケアの基礎

まず、これからスキンケアを頑張りたいという男子が覚えておくべきメンズスキンケアの基礎から。

基本的には、女性のスキンケアと同じく洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームなどを使います。

しかし、男性の肌は女性の肌と違って皮脂量が倍くらいあるので女性とは違うスキンケアを行います。

まず、男性は「乳液」は不要になるでしょう。

また、化粧をする人も少ないので「クレンジング」も使わないでしょう。

それを踏まえて、それぞれの役割を覚えます↓↓↓

  • 洗顔料・・・顔の汚れを落とす
  • 化粧水・・・洗顔後の皮膚の状態を落ち着かせる
  • 美容液・・・皮膚へ必要な栄養を与える
  • クリーム・・・保湿など状態をカバーする

ざっくりと上記の内容ですが、メーカーによって美容成分の強い化粧水や保湿力の高い美容液などがあります。

美容に関心のあるなら、上記に加えフェイスオイルや医療クリームなどを足すでしょう。

あまりこだわりが無い男性なら、化粧水で満足という人も少なくはないでしょう。

また「オールインワン」という便利なものもあります↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「オールインワン」を検索
参考:楽天市場で「オールインワン」を検索

大事なのは、それぞれの役割を理解して適切なチョイスで上手く組み合わせて行くことです。

ちなみに僕の場合は↓↓↓

  1. 洗顔
  2. 化粧水(夜のみ)
  3. プレオイル
  4. 美容液
  5. 医療クリーム+保湿クリーム(適度に)

・・・です。

色々試して、自分にベストな組み合わせを見つけます。

メンズスキンケアで心がけたいこと

メンズの場合、女性ほどスキンケアに力を入れる必要は無いと考えます。

そもそも人間の肌は「自然治癒力」で何もしなくても健康的な状態を保ってくれるようになっています。

女性の場合、「メイク(化粧)」で日常的に肌に負担をかけているためにその「ケア」が必要なります。

メイクをしない男性の場合は、肌に異常がない限りは過剰なスキンケアは必要が無いと考えます。

もちろん、何もしないより色々がんばったほうが肌は綺麗になるので「適宜」ですね。

男性でも夏場の日焼け止めやBBクリームで肌に負担をかける時期は気を使うようにするくらいでもいいでしょう。

加齢やストレス、飲食や生活環境で肌質は変化していくので、その時の状態に合ったスキンケアを行います。

選択を間違えると逆に肌が弱くなってしまうこともあるので注意が必要です。

スキンケアも奥が深いのです。

そう考えると面倒になってくるので、男性の場合はスキンケアにそんなに力を入れなくてもいいのかなと思ってしまします。

メンズスキンケアは「楽(らく)」に越したことはないですね。

僕は、異性に褒められたいから頑張ってるだけです(笑)

メンズスキンケアを向上させる時短ワザ

【メンズ必見!!】スキンケアの効率と効果が上がる時短ワザ-化粧水-01

そんなズボラ男子にオススメしたいのがこの「時短」ワザ。

僕はここ2年以上はこの方法を続けてます。

まずは「粘度が低い化粧水」と100円ショップでも買える「スプレーボトル」を用意します。

今回の化粧水は、最近お気に入りの「岡田ローション」です↓↓↓

【美肌】敏感肌でも安心 植物由来100%無添加化粧水 岡田ローション-00
【美肌】敏感肌でも安心 植物由来100%無添加化粧水 岡田ローション

僕の苗字も「岡田」ですが、僕のオリジナル商品でもなければ親戚が作ってるというわけでもありません。

「完全無添加」にこだわった安心・安全の化粧水です。

スプレーボトルは、自分の使いやすい大きさの物を用意します。

スプレーボトルはあらかじめ殺菌しておきましょう。

せっかくの完全無添加化粧水なので殺菌方法にもこだわりたいところですが、素人だとそこまで対処ができません。

とりあえず塩素系で漬け込んだ後にしっかりと水洗いして、しっかりと乾かしてから使います。

それを冷蔵庫に入れておきます↓↓↓

【メンズ必見!!】スキンケアの効率と効果が上がる時短ワザ-化粧水-02

そして朝は洗顔後に、夜はお風呂上がり「5分以内」に顔にスプレーします↓↓↓

【メンズ必見!!】スキンケアの効率と効果が上がる時短ワザ-化粧水-03

顔全体にスプレーしてから、手のひらで「素早く」なじませる感じで広げます↓↓↓

【メンズ必見!!】スキンケアの効率と効果が上がる時短ワザ-化粧水-04

あとは、いつものスキンケアをすればOKです。

色々試行錯誤しました

とてもシンプルな方法なのですが、ここに行き着くまで色々な方法を試してみました。

最も重要視したのが「お風呂上がり」です。

「お風呂上がり5分以内のケアが大事」という話は聞いたことがあると思います。

お風呂上がりは顔が火照っており、急速に肌の水分が抜け出ている状態にあります。

それは以前の実験でも確認してます↓↓↓

【肌年齢】sunface2019最新改良版スキンチェッカー使い方と口コミ-00
【肌年齢】sunface2019最新改良版スキンチェッカー使い方と口コミ

お風呂上がりたての水分量が50%で、その5分後が25%になってました↓↓↓

【肌年齢】sunface2019最新改良版スキンチェッカー使い方と口コミ-08

そこから「冷水冷却」で38%まで回復↓↓↓

【肌年齢】sunface2019最新改良版スキンチェッカー使い方と口コミ-09

その後にいつものスキンケアを行なって43%くらいまで回復します。

安い計測機なので正確なのかはわかりませんが面白い結果が得られました。

この「25%まで下がる」という状態が肌に良いとは言えないので、乾燥する前に「素早く」ケアですね。

そんな時にスプレーだと楽なんです。

水道水での冷水冷却のほうが大量に一気に冷やせるのでよかったのですが、水道水に含まれる余計な成分がどうにも肌に影響してしまうんですね。

男子ならそこまで気にしなくて良いと思うのですが、長期で続けていると違いが出てくると思います。

ちなみに「ミネラルウォーターでは?」と思いがちですが、ミネラルウォーターは無殺菌のものが多いのでどうかなと。

コストや手間も考えると「冷やした化粧水スプレー」が断然良いと考えます。

スプレーでなくでも冷蔵庫で冷やした化粧水なら良いと思いますが、手に取った時点で温度が上がってしまします。

化粧水の粘度が強いとスプレーしにくく、あまり気持ちもよく無いんですね。

「ヒアルロン酸入りやコラーゲン入りの化粧水を使いたい」という人もいると思いますが、それらの保湿力は「まやかし」なので不要だと考えます。

保湿を考えるなら美容液やクリームで補いましょう。

化粧水はあくまでも「肌を落ち着かせるもの」だと考えます。

ボトルのサイズも色々試しましたが、諸々究極なのがこの組み合わせでした↓↓↓

【乾燥肌】お風呂上がりの手足の"かゆみ"原因と対策03
【乾燥肌】お風呂上がりの手足の”かゆみ”原因と対策

このサイズなら顔だけでなく、全身にも使えて長持ちなのでオススメです。

あとは、化粧水を何を使うかは「好み」かなと。

個人的には「水でも十分」と考えるので、朝は化粧水は使っていません。

その代わりプレオイルを導入して、あとは肌の状態で美容液で十分か医療クリームを足すべきかを考えます。

医療クリームを使う時だけ、伸ばすための保湿クリームを使います。

医療クリームはビタミンA系です。

美容液についても色々考えることが多いので、化粧水は「楽」なのが良いと考えます。

参考にしてみてください。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*