【目の疲れ】スマホ老眼対策グッズ「癒しアイマスク ピントアイ」

【目の疲れ】スマホ老眼対策グッズ「癒しアイマスク ピントアイ」-00

「目元の印象」は大事ですが、スマホ・パソコンの見過ぎでの「目の疲れ(眼精疲労)」「スマホ老眼」予防・対策グッズ 株式会社アルファックスさんの「癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)」のご紹介です。

「疲れ目」はあなたの印象を大きく変える

人と話すとき相手の「目」を見て話しますが

、それと同時に「目元」も見られています。

目元が疲れているのと疲れていないとでは、その人の印象が大きく変わってしまいます。

目元の疲れはメイクでも隠すのが難しいので、普段からケアが必要です。

普段からパソコンやスマホをよく見ている人もそうですが、コロナ騒動で出かける機会が減りスマホをみる時間が増えた人も注意です。

スマホの画面を見すぎると「スマホ老眼」になる可能性があります。

スマホ老眼とは?

スマホ老眼とは、スマホやタブレットなど近くのものを長時間見ることで目の「ピント調節機能」が弱まってしまうことです。

それにより、遠くのものが見えづらくなります。

スマホ老眼は20代から発症する可能性があるので他人事ではありません。

普段から、頻繁に遠くの景色を見るなど予防を行うことが大事です。

癒しアイマスク ピントアイ

【目の疲れ】スマホ老眼対策グッズ「癒しアイマスク ピントアイ」-01

「遠くの景色を見る」と言っても、住宅街だったり出かけてもスマホばかり見てたりしてしまうでしょう。

そんなあなたにスマホ老眼予防・対策グッズ、株式会社アルファックス「癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)」はいかがでしょう。

癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)は、小さい穴を通して見ることでピント機能を回復させる「ピンホール効果」を用いたアイケアグッズです↓↓↓

【目の疲れ】スマホ老眼対策グッズ「癒しアイマスク ピントアイ」-04

ピンホール効果を用いたアイケアグッズは、これまでにも沢山出ています↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「ピンホール効果」を検索
参考:楽天市場で「ピンホール効果」を検索

癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)は、内側にダブルの蓄熱素材を使用した「癒し」効果がプラスされています↓↓↓

【目の疲れ】スマホ老眼対策グッズ「癒しアイマスク ピントアイ」-03

「フィールサーモ(R)」は、赤外線を吸収・変換して発熱する効果を促進するポリエステル素材です。

「サーモトロンラジポカ(R)」は、太陽光を熱エネルギーに変え発熱し、 さらに体から発する遠赤外線でも発熱、Wの発熱効果で強力に暖めます。

癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)は、凄い技術の詰まったアイケアグッズです。

形状にも特徴あり!他社との違い

【目の疲れ】スマホ老眼対策グッズ「癒しアイマスク ピントアイ」-05

通販で買えるピンホール効果を用いたアイケアグッズは、1つ300円〜1,000円前後が相場です

100円ショップCanDo(キャンドゥ)にも売ってたりします↓↓↓

【目の疲れに!】百均のピンホールメガネでも悪くないと思う件
【目の疲れに!】百均のピンホールメガネでも悪くないと思う件

ピンホール効果だけであれば100円でも十分なんじゃないかと思います。

そんな中、癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)は1つ定価2,970円です。

試してみるとわかるのですが、癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)は安価で買えるピンホールメガネとはまったく別物です。

布製であることの「重さ」と「柔らかさ」「フィット感」異なるのは想像がつくでしょう。

癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)は「二重構造」になっており、表のピンホール部分と内側の温感部分に分かれます。

内側の温感部分が幅広なのに目が開けられるので、目元をしっかり包み込みながらピンホール効果を得ることが可能です。

「あずきのチカラ」などのアイケアグッズも人気ですが↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「あずきのチカラ」を検索
参考:楽天市場で「あずきのチカラ」を検索

完全に目を覆うので「目を開けて何か作業できたら良いな」と思ってしまいます。

癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)なら、目元を温めつつ、そのまま作業ができて、かつピンホール効果という優れものです。

そこに、温める2社の技術が詰め込まれているので価格は納得かなと。

癒しアイマスク ピントアイの装着方法

【目の疲れ】スマホ老眼対策グッズ「癒しアイマスク ピントアイ」-06

癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)を装着する前に、耳掛け部分の調節をします。

何度かつけて調整を繰り返し、程よいフォット感の長さを見つけます。

あとは装着するだけ↓↓↓

【目の疲れ】スマホ老眼対策グッズ「癒しアイマスク ピントアイ」-07

重さも締め付け感もなく着け続けることができます。

この状態で1日10分過ごします。

その間は読書をしたりスマホをいじったり、NetFlixを観たりできます↓↓↓

【目の疲れ】スマホ老眼対策グッズ「癒しアイマスク ピントアイ」-08

さすがに映画は観づらいですね。

その10分くらいはスマホを置いたほうが良いでしょう。

だけど、目を閉じていたらピンホール効果の意味がないので注意です。

実際に使ってみた感想

癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)を1日10分、しばらく使ってみました。

ピンホール効果を体験したことがある人はわかると思いますが、外した瞬間の開放感はかなり気持ちが良いです。

使用前の「目の重さ」が嘘のように晴れ晴れした視界になります。

「目が良くなる」のではなく「軽くなる」が正しい表現かなと。

凝り固まったピント調節機能が解放されたような感覚ですね。

そして「癒し」の部分である「温感」ですが…

これが正直「よくわからない」でした。

と言うのも、コロナ騒動で毎日マスクをしているので「顔を覆う」ということに慣れすぎてよくわからなくなっています。

冷感マスクと比べると「ひんやりじゃない」というのはわかるのですが、ポカポカするか?と聞かれると「よくわからない」です。

最近は筋トレで基礎体温が上がっており、かつ暖房で常に顔がポカポカしているので余計にわからないです。

プラスチック製と比べると全然違うのですが、「そのまま」着用してもよくわかりませんでした。

なので、後半は「お湯で温めてから」使っていました。

蓄熱効果のおかげか、ポカポカが思ったより長く続いて良い感じでした。

使ったあとは、軽く洗って干しておくだけなので楽ですね。

お風呂の中で湯船に浸かってるときに試しても良い感じでした。

と言うか、お風呂中にずっと着けておくのも良いかなと思いました。

濡らすと素材的に問題がありそうなのでオススメはしませんが、プラスチック製ではできない使い方ですね。

どこで買えるの?

癒しアイマスク PINT-i(ピントアイ)は、1つ定価2,970円です。

Amazon.co.jpまたは楽天市場でも購入できます↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「癒しアイマスク」を検索
参考:楽天市場で「癒しアイマスク」を検索

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*