【体験28日目】日本製 シミ消しクリーム「White HQ Cream」効果

【体験28日目】日本製 シミ消しクリーム「White HQ Cream」効果-00

お肌の「シミ消し」に”純ハイドロキノン”を「5%」配合した美白クリーム「LANTELNO White HQ Cream(ランテルノ ホワイトHQクリーム)日本製」の体験を始めて18日目、目に見える変化が出てきたので途中経過のレポートです。

気軽に買えるハイドロキノンクリーム

お肌のシミ消しに用いられるのが美白成分「ハイドロキノン」の医薬品クリーム。

ハイドロキノンは、シミ・くすみの原因となるメラニンの働きを阻害します。

今あるシミと、これからできるシミ両方に効果があります。

元々、ハイドロキノンクリームは皮膚科や美容クリニックで海外製のクリームを処方してもらうのが主流でした。

最近では、通販などで日本製のものを気軽に購入できるようになりました。

例えば、Amazon.co.jpで「ハイドロキノン」を検索すると色々出てきます↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「ハイドロキノン」を検索

メーカーによって濃度などに違いがありますので、自分に合ったものを探しましょう。

ハイドロキノンクリームの選び方

ハイドロキノンクリームの選び方として、「ハイドロキノンの種類」と「ハイドロキノンの濃度」があります。

ハイドロキノンの濃度は、1%~10%のものがあります。

濃いほど効果は高いですが、その分、扱いも難しくなります。

ハイドロキノンの種類には、「純ハイドロキノン」と「安定型ハイドロキノン」があります。

純ハイドロキノンのほうが濃いですが、酸化が早いので扱いやすい「安定型」が誕生しました。

安定型の効果は、純ハイドロキノンの約1/3と言われています。

世界で最も有名なハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンクリームで最も有名なのが「ユークロマ」です。

僕も初めて体験したのがユークロマでした↓↓↓

【体験開始】シミ消しクリーム『ユークロマ(EUKROMA)』口コミ
【体験開始】シミ消しクリーム『ユークロマ(EUKROMA)』口コミ

初めてのシミ消し体験ということで苦戦しましたが、2ヶ月近くかかってかなりシミを薄くできました。

ユークロマのハイドロキノン濃度は「4%」で、成分はハイドロキノンとクリーム基剤のみです。

なので、効果も高いですが副作用も強いですね。

日本製は日本人に優しい処方

そして、今回体験したのが日本製のハイドロキノンクリーム「LANTELNO White HQ Cream(ランテルノ ホワイトHQクリーム)」です↓↓↓

【日本製】シミ消しクリーム「White HQ Cream」+日焼け止めサプリ-00
【日本製】シミ消しクリーム「White HQ Cream」+日焼け止めサプリ

商品詳細は前回の記事を参照してください。

ランテルノ ホワイトHQクリームは、純ハイドロキノン「5%」配合です。

ユークロマより濃いですが、他にお肌に優しい成分がふんだんに配合されています。

成分がハイドロキノンのみだと炎症が起こりやすく、初心者には扱いが難しいんですよね。

色々ケアしてくれる成分が配合されているので、ランテルノ ホワイトHQクリームは初心者には嬉しいですね。

しかし、経験者からすると「それだけ効きにくくなっているのでは?」と思ってしまいます。

それは体験して見極めたいなと。

体験前のシミ状況

そして、体験前のシミの様子がこちら↓↓↓

【日本製】シミ消しクリーム「White HQ Cream」+日焼け止めサプリ-04

前回のユークロマで一旦薄くなったものの、時間とともに濃くなってしまいました。

シミは、医療レーザーで完全に消しても同じ場所に再発します。

ハイドロキノンを使うと、肌が弱い状態になるので日差しの強い季節は「過剰な使用」を中止します。

中止している間にシミが大きくなったということですね。

日頃から、薄めに使用してケアを続けることが大事になります。

体験18日目の変化

そして、ランテルノ ホワイトHQクリーム体験18日目の状況がこちら↓↓↓

【体験28日目】日本製 シミ消しクリーム「White HQ Cream」効果-01

患部が赤く腫れている状態です。

これはユークロマでも同じ状況でした。

ユークロマの場合、使用から1週間経たずに赤くなっていたのでホワイトHQクリームのほうが「優しい」というとこでしょう。

スキンケアしないと、この部分だけカサカサになっています。

正しいの使い方をすると、短期間で赤くならずに使用できると思います。

僕の場合は、短期間で結果を出したいので「違う使い方」をしてます。

その方法は前回の記事に書いてますので参考にしてみてください↓↓↓

【日本製】シミ消しクリーム「White HQ Cream」+日焼け止めサプリ-00
【日本製】シミ消しクリーム「White HQ Cream」+日焼け止めサプリ

赤くなっているのでシミがどれだけ減ったのがわかりにくいですが↓↓↓

【体験28日目】日本製 シミ消しクリーム「White HQ Cream」効果-02

なんとなく薄くなってきているように見えます。

赤くはれた場合、一旦使用を中断して腫れが引くのを待ちます。

ですが、今回はこのまま使用を継続します。

前回の経験があるので、僕は大丈夫だと思っています。(自己責任)

次の段階に予想されること

ユークロマの経験からすると、この後に赤い腫れた部分が「水膨れ」のような状態になります。

それが落ち着くとシミが薄くなった状態になるんですね。

前回はそこまで49日かかったので、今回はもっとかかりそうな予感です。

とりあえず、ランテルノ ホワイトHQクリームを1本使い切った時点で終了になります。

また2週間後くらいにレポートを書くと思います。

どこで買えるの?

ランテルノ ホワイトHQクリーム、ホワイトドロップともにAmazon.co.jpで購入できます。

ランテルノ ホワイトHQクリームは、1本10g入りで1~1.5ヶ月分2,990円です↓↓↓

ホワイトドロップは、1箱60粒入りで15~30日分3,990円→1,990円です↓↓↓

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*