【シリーズ売上本数100万本突破】モッチスキン吸着泡洗顔SK-口コミ

【シリーズ売上本数100万本突破】モッチスキン吸着泡洗顔SK-口コミ-00

「洗顔料」にも色々ありますが、株式会社ジェイ・ウォーカー”シリーズ売上本数100万本突破”のスキンケアブランド「MoccHi SKIN」から期間限定「モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)」のレポートです。

株式会社ジェイ・ウォーカーさんについて?

株式会社ジェイ・ウォーカーさんは、2000年創業の兵庫県にある化粧品の製造小売・卸売業などを行う企業さんです。

”女性をhappyにし続けるために 我々もhappyで居続ける”をコンセプトに女性の為の商品づくりを行っています。

株式会社ジェイ・ウォーカーさんは、商品品質・世界観創出にこだわったモノづくりに尽力するメーカーさんです。

化粧品の製造・卸売の他に、化粧品のOEM・ODM受託まで行っている企業さんです。

取り扱いブランドには今回の「MoccHi SKIN(モッチスキン)」の他に、炭酸スキンケアコスメシリーズ「iN-BE+v(インヴィ プラスブイ)」や崩せない人の為のメイクアップシリーズ「LANAREY(ラナレイ)」、女の子の大好きなおまじないやお守りのようなコスメを目指す「ル・ベラン・ミニョン」、大地が生み出す自然(植物)の恵みと最先端の皮膚科学が融合して織り成す究極のハイブリッドスキンケアシステム「LOWENA(ロウェナ)」があります。

参考:株式会社ジェイ・ウォーカーWEBサイト

過去の経験からすると、OEMを行うコスメメーカーさんの商品は技術が「元祖」の場合が多いので、中間手数料が無い分「コスパが高い」傾向にあります。

株式会社ジェイ・ウォーカーさんの商品は、いずれもメディアで取り上げられてる話題の商品です。

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)

【シリーズ売上本数100万本突破】モッチスキン吸着泡洗顔SK-口コミ-01

今回体験するのは「MoccHi SKIN(モッチスキン)」シリーズの限定商品「モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)」です。

MoccHi SKIN(モッチスキン)は、”日々のケアで「美肌」を超えた完璧な「モチ肌」を手に入れる為に誕生したイノベーションスキンケアブランド”です。

日本人らしい美しい「モチ肌」を目指すために開発されたシリーズです。

MoccHi SKIN(モッチスキン)シリーズには、今回の「吸着泡洗顔」の他にクレンジングやパック、スクラブなど様々な展開があります。

吸着泡洗顔にも、しっとりタイプ、さっぱりタイプ、乾燥肌、ゆらぎ肌、くすみ肌など種類が豊富です。

その中で”期間限定”で登場したのが「モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)」です。

タイプとしては「ハリ弾力」です。

特徴としては、愛知県産の「陽光桜花エキス」を使用していることです。

陽光桜花エキスがお肌に潤い・ハリを与え透き通った弾力肌へ導いてくれます。

その他の特徴は↓↓↓

  • 毛穴洗浄力・・・桜パワーとモチ泡で落ちにくいタンパク質汚れも絡み取る
  • 洗い上がり・・・美容成分で洗い上がりはハリ弾力
  • 手間いらず・・・泡立ていらず、1プッシュでモチ泡の完成
  • コスパ・・・1回30円で本格ケアができるコスパの良さ

この辺りも含めて体験・検証していきたいと思います。

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)の内容成分

【シリーズ売上本数100万本突破】モッチスキン吸着泡洗顔SK-口コミ-03

水、PEG-8、グリセリン、LPG、ステアリン酸グリセリル(SE)、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウリルヒドロキシスルタイン、ポリアクリル酸Na、メチルプロパンジオール、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン、カプリルヒドロキサム酸、BG、水添ハチミツ、クエン酸、海シルト、グリチルリチン酸2K、シアノコバラミン、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、ヒアルロン酸Na、セラミドNP、ペンチレングリコール、加水分解コラーゲン、フィトスフィンゴシン、セラミドNG、セラミドAP、マルトデキストリン、セラススヨウコウ花エキス、ダイズ種子エキス、パパイン、二酸化炭素

///

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)は、まるで美容液のような内容成分も特徴です↓↓↓

  • はちみつ・・・肌の水分を長時間保ってくれる。古い角質を落とす。
  • 甘草・・・肌の状態を健やかにしてくれる。
  • パパイン酵素・・・汚れを分解・除去。肌に負担をかけることなく黒ずみ分解。
  • マリンシルト・・・大量のイオンを含有。汚れを吸着除去。
  • コラーゲン・・・ハリツヤを与える。
  • 大豆・・・肌のゆらぎを押さえ透明感のある肌へ。

さらに、ヒアルロン酸やセラミドなど潤い成分もたっぷり含まれています。

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)は、それぞれの成分が分解⇔吸着⇔絡めとる⇔保湿のサイクルを作ります。

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)の使い方

【シリーズ売上本数100万本突破】モッチスキン吸着泡洗顔SK-口コミ-04

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)は、ムースタイプで先端が特殊な形状になっています。

ボトルを「よく振って」から「縦にしたまま」プッシュして出します↓↓↓

【シリーズ売上本数100万本突破】モッチスキン吸着泡洗顔SK-口コミ-05

ボトルを逆さまにするとガスだけが出てしまい、最後まで使えなくなってしまうので注意です。

ピンポン玉1個分くらいを手に出し、それを顔にのせて広げてから「押し洗い」、そして優しくクルクルマッサージします↓↓↓

【シリーズ売上本数100万本突破】モッチスキン吸着泡洗顔SK-口コミ-07

粘度の高い泡なので「こする必要が無い」というのも特徴です。

あとは32℃くらいのお湯で洗い流します。

しっかり落としたい場合は、洗顔の前に「蒸しタオル」で肌を温めておくと良いですね。

のびーーーーーーるモチ泡が凄い

【シリーズ売上本数100万本突破】モッチスキン吸着泡洗顔SK-口コミ-06

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)で一番驚くのが、この泡の「伸び」でしょう。

この吸着力で毛穴の汚れをはぎ取るんですね。

なかなか面白い感覚だと思います。

実際に使ってみた感想

【シリーズ売上本数100万本突破】モッチスキン吸着泡洗顔SK-口コミ-08

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)を何度か使ってみました。

モチ泡の弾力は、今までのどの洗顔料より圧倒的に凄いですね。

顔にのせてもしばらく弾むので洗顔が楽しいです。

ただ、泡を多く出してしまうとこの弾力が「使いずらさ」に変わるので注意ですね。

メイクをしない男子なら、始めは少な目からスタートした方が良いかもしれません。

そこから少しずつ増やしてベストな量を見つけます。

また、泡が多いほどお湯で落とすのが大変になるので慣れが必要ですね。

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)の、洗い上がりのスッキリ感は良いですね。

それでいて突っ張らないのもいいでしょう。

ただ、やはり「突っ張らない=洗浄力が弱い」というのは今回もでした。

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)は女性用ということもあり、男性の分厚い皮脂汚れを落としきるのは難しいようです。

目頭周辺の汚れが貯まりやすい場所は、ゴシゴシ擦ってもスッキリしませんでした。

そして、最も気になったのが「香り」です。

陽光桜花エキスで桜の良い香りがするのかと思いきや、ムース状になる際の「ガス」のニオイが強いのが気になりました。

泡もガスっぽいニオイなのですが、これが桜の香りなのかな?

正直、僕には良い香りには感じませんでした。

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)の良かった点は「泡がピンク」というところでしょうか。

ピンクの泡は今までに無かったので気分が上がります。

このピンクが着色料ではないというのも魅力でしょう。

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)は、メンズよりは女性向けなので女性へのプレゼントに良いと思います。

どこで買えるの?

モッチスキン吸着泡洗顔SK(桜)は、1本150gで約1ヶ月分1,800円です。

Amazon.co.jpまたは楽天市場で購入できます↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「モッチスキン」を検索
参考:楽天市場で「モッチスキン」を検索

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

jay-walkerファンサイト参加中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*