【花粉症対策】日本であまり知られてない成分とオススメしない荒業

【花粉症対策】日本であまり知られてない成分とオススメしない荒業

そろそろ「花粉」が気になる時期ですが、過去に色々試してきた「花粉症対策」の中から、実際に効果のあった薬(内服・点鼻薬)や日本で知られていない成分のサプリメント、おすすめしない毎日のケアのまとめです。

花粉症のメカニズムを知る

【花粉症対策】日本であまり知られてない成分とオススメしない荒業-01

花粉症と戦うなら、まずは花粉症について理解する必要があります。

まず、花粉が体内に入り体内で抗体が作られます。

その抗体が肥満細胞につき、再び花粉が侵入し後退につくとヒスタミンなどのアレルギー物質が放出されます。

その時に起きる「アレルギー反応」がくしゃみや鼻水、鼻づまりなどです。

基本的な花粉症対策

上記のことから、花粉症対策としてまず行うのが「花粉を体内に入れない」ということでしょう。

マスクをして出かけたり、花粉対策用のメガネをしたり↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「花粉 メガネ」を検索
参考:楽天市場で「花粉 メガネ」を検索

衣類についた花粉を家に持ち込まないことや部屋に空気清浄機を置くのも基本でしょう。

家に帰ったら手洗い・うがいと、「目」も洗います↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「洗眼薬」を検索
参考:楽天市場で「洗眼薬」を検索

この辺りまでは「基本」的な花粉対策でしょう。

「肥満細胞」は、増えたり減ったりするものではないので注射以外はどうしようもありません。

ここの洗浄を忘れてはいませんか?

花粉用眼鏡をしてもマスクをしても、花粉を100%防ぐことはできません。

なので、目を洗って目に入った花粉を落とし、うがいをして口腔内の花粉を落とします。

ここで一つ忘れがちなのが「鼻」です。

呼吸は鼻からもしますから、鼻からも花粉が入ります。

鼻から入った花粉は、鼻の奥の粘膜に付着します。

それをカラダの外に排出するために鼻水が出る(アレルギー反応)のですが、反応が出る前に体から出したいですよね。

その為に「鼻うがい」をします。

薬で「症状を抑える」ことよりも、「症状を出さない」ために「アレルギー物質を体内に留まらせない」ことが大事と考えます。

目は涙で常に潤い、口腔内は唾液が出ますが、鼻は勝手に循環されにくい器官です。

そこに花粉を止まらせた状態で眠ってしまうので、目覚めた時の症状が酷いんですね。

僕の場合、鼻うがいをし始めてから花粉症の症状がかなり楽になりました。

鼻うがいも便利なものがあるので行いやすいと思います↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「鼻うがい」を検索
参考:楽天市場で「鼻うがい」を検索

鼻うがいが面倒だと言う人には「オススメしない」荒技があります↓↓↓

【花粉症】オススメしないけど効果的なシャワーで「鼻うがい」方法00
【花粉症】オススメしないけど効果的なシャワーで「鼻うがい」方法

僕はこの方法を毎日やってます。

オススメしませんが効果は絶大です。

点鼻薬・点眼薬について

市販で買える薬とお医者さんで処方される薬には効果の差があります。

基本的に病院処方の方が効果が高く、市販の薬では「間に合わせ」もしくは「気休め程度」の物が多いです。

ただ、花粉症の薬については「大差は無い」ようです。

市販でも処方と同じ濃度で買えます↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「花粉症 点鼻」を検索
参考:楽天市場で「花粉症 点鼻」を検索
参考:Amazon.co.jpで「花粉症 点眼」を検索
参考:楽天市場で「花粉症 点眼」を検索

ただ、処方の方が的確で保険も効くので病院に行くのがベストでしょう。

市販の薬を試しても「自分に合わない」という場合に病院に行くという人も多いようです。

ちなみに僕が使ってる点鼻薬はこちら↓↓↓

【花粉症】医療用成分フルチカゾン配合「フルナーゼ点鼻薬」口コミ-00
【花粉症】医療用成分フルチカゾン配合「フルナーゼ点鼻薬」口コミ

効果が高く日本処方よりも副作用が弱いので続けてます。

点眼薬はよっぽどの時以外は使ってません。

花粉症の内服薬について

内服薬については慎重に選びたいです。

内服薬は効果は高いですが副作用も強いです。

抗ヒスタミン薬の場合、眠くなったりメンタルに影響する(経験談)場合もあります。

花粉症の内服薬に関しては、市販でも効果は変わりませんが高額です↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「花粉症 内服」を検索
参考:楽天市場で「花粉症 内服」を検索

なので僕はこちらを使ってます↓↓↓

【花粉症対策】アレグラジェネリック『フェクサディン』効果と価格
【花粉症対策】アレグラジェネリック『フェクサディン』効果と価格

アレグラのジェネリックで、価格が約1/5になります。

そして、内服薬の場合「合う」「合わない」もあるので処方が安心でしょう。

内服薬は「最後の手段」として、まずは「サプリメント」を試してみてはいかがでしょうか。

日本であまり知られてない花粉症サプリ

日本には花粉症対策のサプリメントも色々あります↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「花粉症 サプリ」を検索
参考:楽天市場で「花粉症 サプリ」を検索

ですが、基本的に日本のサプリメントは全てNGです。

効果が無いのでお金と時間の無駄になります↓↓↓

【日本サプリメントの闇】美容効果がない理由と副作用がない理由
【日本サプリメントの闇】美容効果がない理由と副作用がない理由

花粉症は病気なので「食品」ではよくならないです。

なので、サプリメントは海外製のものを選びます。

海外サプリは「医薬品補助」の役割があるのでちゃんと効果があります。

そして、花粉症に効果があるサプリメントは「パウダルコ」というアマゾンの大樹「タヒボ」の皮のサプリメントです↓↓↓

【体験5週間】花粉症にも効果あり!活力の木『パウダルコ』サプリ
【体験5週間】花粉症にも効果あり!活力の木『パウダルコ』サプリ
【花粉症に効く】抗炎症+免疫力「パウダルコ」サプリメント-00
【花粉症に効く】抗炎症+免疫力「パウダルコ」サプリメント

過去に2社のパウダルコを試したのですが、いずれも効果良く助かりました。

体感的にSWANSON社製のほうが効果が高いと思いますが、海外サプリになれてない人はお腹を壊しやすいかもしれません。

初めてならバイタルミー社製が良いと思います。

タヒボは、古くから体調改善に使われていました。

また、免疫や炎症へのアプローチ作用が他のハーブよりも優れていることも確認されています。

炎症で起きるムズムズ感を抑えてくれるので、鼻水やくしゃみが出にくくなります。

内服薬と比べ副作用が弱いので続けやすいです。

パウダルコは即効性はないので、花粉が始まる2週間前くらいから飲み始めます。

どこで買えるの?

パウダルコサプリメントは、Amazon.co.jpや楽天市場でも購入できますが割高なのでiHerbかオオサカ堂さんでの購入がオススメです↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「パウダルコ」を検索
参考:楽天市場で「パウダルコ」を検索
参考:オオサカ堂 (バイタルミー)パウダルコ600mg
参考:オオサカ堂 Swanson パウダルコ500mg

参考:iHerbで「パウダルコ」を検索

以上です。

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*