【知覚過敏になりやすいなら】しみないホワイトニングの効果-口コミ

最近『セルフホワイトニング』が人気ですが、『セルフホワイトニング』と歯医者さんで受けるホワイトニングの違いはご存知でしょうか?

『セルフホワイトニング』の方が<安い><早い><簡単>という印象で、歯医者さんのホワイトニングは<高い><面倒>だという印象の方も多いと思います。

まずはじめに僕が言いたいのは、『セルフホワイトニング』と<歯医者さんで受けるホワイトニング>は、<全く別物>だと言うことです。

簡単に言えば、『セルフホワイトニング』は<着色汚れを落として歯本来の色に戻すもの>で、歯医者さんのホワイトニングは<歯そのものを白くする・漂白するもの>です。

厳密に言うと、後者のみが<ホワイトニング>となります。

もちろん<医療行為>ですので、薬剤の費用もかかり、人件費もかかりますので値段は上がります。

しかし、その分<ホワイトニング効果>も上がります。

なので、本気で歯を白くしたいなら歯医者さんでホワイトニングを受けるのが正解になります。

歯医者さんで処方してもらい、自宅でマウスピースと薬液を使ってホワイトニングを行う『ホームホワイトニング』というのがあるのですが、これも<医療行為>ですので歯を白くすることが出来ます。

『セルフホワイトニング』は、これと同等あるいはこれ以下の効果だと考えて良いと思います。

<簡単に>着色汚れを落としたいなら『セルフホワイトニング』で<安く>済ませる、<それで満足>ならそれでもOKだと思います。

で、本題ですが。

歯医者さんで受けるホワイトニングにも、使用する薬剤、機械の違いで効果も値段も大きく変わります。

一概に<どれがいい>と言うわけではなく、<自分に合ったホワイトニング方法>を選ぶのが正解だと思います。

一般的に、ホワイトニング効果の高いものは<歯への負担>が大きく値段も高額になると言われています。

それを薬剤や光の調整で、強すぎず弱すぎず、価格設定も高すぎず安すぎずで調整をしているようです。

そして、色々なホワイトニングの中で<知覚過敏になりやすい人>向けのホワイトニングが、『ポリリン酸』という人の体内にあり食品にも使われる『ポリリン酸』という成分を使ったホワイトニング『ポリリン酸3Dホワイトニング/ポリリンプラチナホワイトニング』です。

ポリリン酸には、歯の着色汚れを浮かせて落とし、なおかつ再付着を防ぐ効果があると言われています。

そして、歯を内側から白く、歯質を強化する効果もあると言われています。

ホワイトニングの効果は、他のホワイトニング効果と比べて劣りますが、その分優しいので知覚過敏になりやすい人に向いてるホワイトニングと言われています。

僕も知覚過敏になりやすいので、実際にポリリン酸によるホワイトニングを受けてみたときの効果等のレポートです。

まずは、効果を実感するために着色汚れを限界まで貯めた状態です↓↓↓

【知覚過敏になりやすいなら】しみないホワイトニングの効果-口コミ

普段は1ヶ月から2ヶ月に一度歯医者さんで歯の掃除をしてもらっているのですが、半年くらい放っておくとこんな状態になります。

歯の磨き方が悪いのと、緑茶やコーヒーの飲み過ぎですね。他にも原因はありそうです。

そして、ポリリン酸3Dホワイトニングを受けた後がこちら↓↓↓

【知覚過敏になりやすいなら】しみないホワイトニングの効果-口コミ

厳密には、ホワイトニングの光照射の前に『PMTC』という専用の器材を使った歯の掃除をしてもらってます。

光の照射は、約8分を2回です。

並べてみると↓↓↓

【知覚過敏になりやすいなら】しみないホワイトニングの効果-口コミ

着色汚れの落ちはもちろん、黄ばんでいた部分も白くなっているのがわかるかと思います。

平均的に、2回照射を2〜3セット行うことで、より白さを実感できるそうです。

さらに、先ほど書きました『ホームホワイトニング』を併用することで<長く>白さを持続させることが出来ます。

『ホームホワイトニング』は、マウスピースを一度作ってもらえば、あとは薬液を追加で購入するだけなので、同じ<セルフ>でもこちらの方が効果が高く、自宅なので<楽>です。

と言っても、まだ『セルフホワイトニング』は未体験なので近々行ってレポートを書こうかなと思ってます。

(どこ行こうかな?)

ちなみに、今回ホワイトニングを受けたのは、いつもお世話になっている東京都新宿区西早稲田にある『髙木歯科医院/髙木歯科医院』さんです。

ホワイトニングをお考えの方は是非参考にしてみてください♪

予約の際に『さちおのブログを見た』と言ってもらえると嬉しいです!

参考:髙木歯科医院 WEBサイト

※尚、あくまでも個人的な感想です。