<黄ばんだ歯>は7割の人が「魅力が半減する」、5人に1人は「100%イメージダウン」と回答

アンケートサイト「Qzoo」(http://qzoo.jp/)を運営する株式会社ゲインさんが、20~40代の働く男女300名を対象に「歯の白さに関する意識調査」を実施した結果、<歯が黄ばんでいるだけで、「笑顔の輝き」が大きく低下。 7割の人が笑顔の魅力が「半減」すると感じ、5人に1人は「100%」イメージダウン>と答えたとうです。

調査時期:2014年10月8日(水)~10月10日(金)

<白い歯>は、<清潔感>があっていい印象です。歯が白いか黄ばんでいるかで、見た目の年齢が5歳くらい変わるという話も聞いたことがあります。

僕の場合は、<出っ歯>だった歯を治療する際についでに<白い歯>にしたのですが、<白い歯>になってよかったなと感じることが多いです。

異性に限らず、人との会話も弾みますし、歯についての話もだけでも盛り上がって、色々プラスになっていると感じています。

出っ歯治療の記事はこちら↓↓↓

【2週間で笑顔が変わる!】出っ歯治療で白くてキレイな歯並びになる

【2週間で笑顔が変わる!】出っ歯治療で白くてキレイな歯並びになる

日本人の歯は、元々少し黄ばんでいます。

<ホワイトニング>をすることで<白い歯>を手に入れることはできますが、芸能人のような白い歯は、<ホワイトニング>ではなく、セラミック素材のラミネートベニア(歯の付け爪みたいなもの)等の<審美治療>です。

僕は、いわゆる<差し歯>で<被せ物>になります。

巷では<セルフホワイトニグ>が安くてお手軽で人気ですが、歯医者さんで行うホワイトニングほど白くはなりません。

<白い歯>については、『白い歯推奨委員会 WEBサイト』をご参照ください↓↓↓

参考:白い歯推奨委員会 WEBサイト