【カロリーだけ?】ポカリスエットの青色と水色の違いを聞いてみた。

風邪の時や、体調が優れない時は「ポカリを飲め!」っていいますよね。

ポカリスエットが『飲む点滴』と言われているのは、中に含まれている栄養成分が、点滴とほぼ同じだからだそうです。

で、ポカリスエットには、青色の通常タイプと、水色のイオンウォーター(低糖)タイプがあるのですが、『低糖タイプがあるのなら、青い(通常タイプ)のは、いらなくないですか?』と思っている人も多いかと。

実際、青色のポカリスエットに含まれている糖分は、角砂糖換算すると約10個/500mlらしいのでが、水色のポカリスエットは、それの約半分なので、青色の存在理由が・・・

とりあえず、比較してみようかなと、まずは栄養成分↓↓↓

【カロリーだけ?】ポカリスエットの青色と水色の違いを聞いてみた。

カロリー・炭水化物が約2倍。ふむふむ。

そして、電解質濃度が↓↓↓

【カロリーだけ?】ポカリスエットの青色と水色の違いを聞いてみた。

こちらは、ほぼ同じ

こう見てみても、青い方はいらないのではないか?と思うのですが、大塚製薬さんのWEBサイトの記載内容を比較すると↓↓↓

<青色>
・水分、イオンの補給がスムーズ:発汗により失われた水分、イオン(電解質)をスムーズに補給する健康飲料です。
・スポーツやお風呂上りなどに最適:適切な濃度と体液に近い組成の電解質溶液のため、すばやく吸収されます。そのためスポーツ、仕事、お風呂上り、寝起きなど、発汗状態におかれている方に最も適した飲料です。
 
<水色>
・水分とイオンをスムーズに補給できる健康飲料。
・11kcal/100mlでカロリーオフ。

大塚製薬WEBサイトより引用

水色の説明は、かなりハショられていますが、言っていることは、ほぼ同じで、かつ、「水色の方がカロリー低いよ」と、若干『水色推し』の雰囲気も漂う内容です。

自分予想としては、糖分が高い方が低血糖回避快楽な感じで元気になるのか、糖分が高い方が吸収率が高いのかと思うのですが、ここまで来ると、納得できないと眠れなくなるので、大塚製薬さんのお問い合わせ窓口に問い合わせ。

 

答え

『カロリーを摂ってほしい』

 

確かに、元気が無いときはエネルギー(=カロリー)補給です。

食欲無いときや、カロリーを摂取しにくい時には。液状で摂取できるのは助かります。

だからといって、飲み過ぎると『ペットボトル症候群』になってしまうので気をつけましょう!

参考:ペットボトル症候群とは?(Wikipedia)

青色も水色も、適度に塩分も含まれ水分補給に優れていますので、これからの季節の水分&塩分補給にはうってつけです♪

とりあえず、体調悪いときは『青』↓↓↓

【カロリーだけ?】ポカリスエットの青色と水色の違いを聞いてみた。

そうでもないときは『水色』↓↓↓

【カロリーだけ?】ポカリスエットの青色と水色の違いを聞いてみた。

カロリー・糖質が気になるなら『ミネラルウォーター』を飲みましょう!

あと、体調が悪いときは、早めに病院に行きましょうね♪

お大事に♪

参考:大塚製薬WEBサイト