食べるほどにカロリー消費?意外に身近な 「マイナスカロリー食品」

『マイナスカロリー食品』とは、消化・吸収の際に消費されるカロリーが、その食品のカロリーより上回る食べ物らしいです。例えば、わかめや昆布などの海藻類、セロリやブロッコリー、きゅうりなどの野菜類、フルーツもマイナスカロリー食品といわれるそうです。

参考:食べるほどにカロリーを消費する?意外に身近な 「マイナスカロリー食品」とは

だからと言って、そればかり食べていたら痩せると言うわけではないのでご注意を。バランスの取れた食生活がバランスの取れた身体づくりということですね♪