【54年の歴史!】キヨーレオピンは授乳期でもOKの滋養強壮剤

『なんだか元気が足りないな』、『すぐ風邪を引いちゃう・・・』、『口内炎が・・・』など、『免疫力の低下』が気になる時は『ニンニク』が良いみたい。

『ストレス』や、『睡眠不足』も免疫力の低下の原因だけど、『お酒の飲み過ぎ』も免疫力を低下させる原因の一つだそうです。

免疫力の回復には『睡眠』が一番らしいのだけれども、そもそも『睡眠不足』で低下しているから困ったもんだと。(事情は色々ありましょう)

お酒で寝ちゃうのも、『体はちゃんと休めてない』らしいので、どうにか『食べ物』で補いたいところ。

と言っても、『ニンニク』を食べられる料理を考えてもなかなか思いつかない。

個人的には、『ニンニクの芽の牛肉炒め』が好きなのだが、ガッツリ行きたいときは、ラーメン屋さんで卓上のニンニクをガバッとスープでゴックンと。(これはオススメできない)

普段から、ニンニクを使った料理を取り入れておくことも良いし、ニンニクのほかにもヨーグルトやキノコ類でも免疫力を上げることができる。

やはり、一番は『睡眠』。

話を戻して、この『キヨーレイピン』が誕生したのは1960年妊娠時期、授乳期にも飲める滋養強壮剤(第3類医薬品)↓↓↓

【54年の歴史!】キヨーレオピンは授乳期でもOKの滋養強壮剤

ニンニクを2年間熟成、濃縮させてできた栄養剤↓↓↓

【54年の歴史!】キヨーレオピンは授乳期でもOKの滋養強壮剤

レオピンシリーズには、自分でゼラチンのカプセルに入れて飲む『液体』タイプと、錠剤タイプがあって↓↓↓

【54年の歴史!】キヨーレオピンは授乳期でもOKの滋養強壮剤

それぞれ効果がことなるのですが、今回は錠剤タイプの『キヨーレオピン キャプレットw』をチョイス。

錠剤タイプには、さらに効果の高いものがあるのですが、料金も倍なので今回はこちらを購入です。

成分の比較は、製品ページで確認してみてください↓↓↓

参考:レオピン成分比較ページ

こちらも50、100、200錠タイプあるのですが、今回は100錠タイプです↓↓↓

これを飲み続けての感想ですが・・・

 

なんか良い感じ♪

 

『風邪っぽいな』ってときや『ちょっとだるいな』ってときに、朝と夜に2錠ずつ、あとポカリを飲んでおくと風邪が悪化せずに踏みとどまったという奇跡。

まぁ、今回はたまたまかもしれませんが、やはり『医薬品』であることと、『55年の歴史』はあなどれないなと。

(あと、値段がちょっとアレだったらありがたいのですが、、、、)

まぁ、それだけ時間もお金もかかって開発されているものだとして良いことだと思います!

これは、我が家に常備剤としておいておきたいと思います!

※これはあくまでも個人的な感想です。