【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

ホワイトングをしていると、歯が知覚過敏になってしまう場合があります。

そんなときは、一旦ホワイトニングを中断して回復を待ってから再開するのが理想的ですが、早く歯を白くしたい場合は知覚過敏に効果のある歯磨き粉などを併用していくと良いと思います。

そして、知覚過敏に効果のある歯磨き粉を調べていると、どうやら『ハイドロキシアパタイト』が含まれてるのが良いのかなと↓↓↓

で、この『アパガードリナメル』を調べると、歯科専用verの強化版があるという情報↓↓↓

『歯科専用』と言いながらも、何でも買えちゃうAmazon.co.jpは凄いなと。

しかし、いかんせん高価だなと。

買って効果が薄かったり、他に安くて良いものがあったりしては損なので、いつもお世話になってる歯医者さんに相談。

「こっちの方が良いよ」と言うことで紹介されたのがこちら↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

歯科医療総合メーカー『CG(ジーシー)』さんの『MIペースト』です。

これは、実際に歯科の治療の仕上げにも使われているものなので効果は絶対。

内容成分は↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

拡大↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

精製水(溶剤)、グリセリン(湿潤剤)、カゼインホスホペプチドアモルファスカルシウムホスフェート(緩衝剤)、ソルビトール(香味剤)、PG(湿潤剤)、カルボキシメチルセルロースナトリウム(粘結剤)、酸化チタン(着色剤)、キシリトール(香味剤)、リン酸(pH調整剤)、香料(香味剤)、パラベン(防腐剤)、サッカリンNa(香味剤)、酸化亜鉛(増量剤)、酸化Mg(pH調整剤)、グアーガム(粘結剤)

『牛乳由来成分』で↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

豊富なミネラル(リン、カルシウム)や口腔内環境の中和作用と緩衝作用をもつ『CPP-ACP(リカルデント)』で、知覚過敏の症状を和らげてくれるそうです。

『牛乳由来成分』なので、牛乳アレルギーの人はNGだそう↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

僕は牛乳アレルギーではないですが、牛乳でお腹ゴロゴロしちゃう体質なのでちょっと心配ですが、飲み込まなければ大丈夫だなと。

OPEN↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

40gなので小さいです。

裏↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

この『MIペースト』は、『歯磨き粉』ではないので歯ブラシにつけてゴシゴシではなく、『通常の歯磨後に塗布』です。

綿棒や指で塗るのですが、せっかくなので体験中の『ビーグレンデンタル ホワイトニングジェル』の付属品をつかってみます↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

マウスピース、ハケ、スパチュラです。

スパチュラに少量取り出します↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

中身はマットなホワイトです。

ハケを使って↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

歯に塗ります↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

多めに塗るのが良いようですね!

通常の使用方法は↓↓↓

  1. 歯ブラシなどの上にMIペーストを約1cm(0.3g)[歯ブラシの植毛部の長さの半分程度]を取り出し、歯ブラシや綿棒で歯面全体に行き渡るように塗布します。指で塗っていただいてもかまいません。
  2. 塗布後、3分間は唾液も吐き出さずにそのままにしておきます。
    唾液と共に口腔内に保持される時間が長いほど効果が高くなります。
  3. 3分過ぎたら唾液を軽く吐き出した後、30分間はなるべく飲食を行わないで下さい。その間唾液は適時吐き出します。
  4. 30分後に少量の水でうがいをして終わりです。

ですが、マウスピースを使用する唾液で流れず効果が高まるらしいのでマウスピースを装着します↓↓↓

【知覚過敏に!】歯科もオススメのGC『MIペースト』の使い方-口コミ

この状態で最低30分~一晩が最強の使い方らしいのですが、「乳糖で虫歯になる」とか怖い情報を目にしたので、僕は30分で行こうかなと。

30分経ったら、軽くゆすいで終了。

終了後は30分以上は飲食を控えたほうが良いみたいなので、夕食の後に使うのが理想的かなと思います。

これをホワイトニングと並行して使用することで知覚過敏を抑えられるようになりました。

『MIペースト』の一番理想的な使い方(順番)としては、『歯磨き→フッ素塗布→MIペースト』らしいです。

なので、『MIペースト』にはフッ素は入っていません。

『セルフホワイトニング』で良く聞く『酸化チタン』も入ってますが、ホワイトニング効果がどうというのは書いてません。

酸化チタンは『着色剤』なんですねぇ(意味深)

現在は、着色汚れ再付着防止効果のある『ポリリン酸』を含んでいるホワイトニング剤『ビーグレンデンタル』を使用中なので↓↓↓

【歯のホワイトニングジェル】ビーグレンデンタル-口コミ【体験開始】

【歯のホワイトニングジェル】ビーグレンデンタル-口コミ【体験開始】

使う順番を考えないといけないなと。

結果的に、『夜に、ご飯を食べてすぐ歯磨き→MIペースト、30分以上空けて(寝る前くらい)にビーグレンデンタル』が良いかなとなりました。

食後は口腔内のphが下がるので、MIペーストはphも調整してくれるらしいのでちょうどいいかなと。

そのやり方で良い感じに併用で来てます。

そして気になる価格ですが、40gで1200円くらいですね。(Amazon.co.jpで1144円)

味も色々↓↓↓

僕は、一番人気の『ストロベリー味』にしました。

美味しいよ♪

どうやら、海外版でフッ素入りタイプがあるらしいですが、値段が倍くらいするそう。

徹底的にやりたい場合は、こちらを併用するのがオススメかと↓↓↓

いずれも歯医者さんで実際に使われているものなので効果は絶対です。

歯は、体の中で唯一『自己再生』できない部分なので大事にしていきたいですね!

以上です!

Byさちお

※尚、あくまでも個人的な感想ですので、商品のご使用・ご購入は自己責任でお願いします。